Blogブログ

SECRETスタッフによるブログです

【2018年春】黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

【2018年春】黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

この記事を読むのに必要な時間は約19分です。

明るいカラーリングが流行り、そして黒髪が流行りましたよね。明るいカラーリングをしていた人が、黒髪にすることでなんだか違和感を感じて似合っていないと思う人がたくさんいました。そんな方におすすめなカラーリングが「暗髪(くらがみ)カラー」と言われています。髪の毛を暗くしたいと思っている方で暗くなりすぎたと失敗した方はぜひご参考にして頂きたい記事です。自分の顔色に似合わないなどの失敗しない『暗髪カラーを楽しめる事間違いなし!』注目のアクセスNO1記事です。

暗髪(くらかみ)とは?

暗髪カラーは、黒髪よりも明るいけど、一般的な茶髪よりも落ち着きのあるトーンのカラーリングのことを言います。Secretでは、暗髪カラーの基準は、5〜6トーンまでとさせていただいております。もともと日本人の肌のトーンには、少し暗めのカラーリングが一番相性がよく、誰でも似合うことから今一番の人気のカラーリングになっています。

暗髪カラーの最大の特徴は、普通の暗いカラーリングは肌をくすんで見せたり、重たく見せてしまうのですが、暗髪カラーは暗いのに重たく見えにくいのです。今回は、そんな暗髪カラーの特徴についてご紹介いたします。

読み方は「くらかみ」と読みます。黒髪にしないで、でも透明感があるカラーにしたい!なんて美容師さんにお願いしたことないですか?それがまさに、暗髪のことを言います。オーダーするときは、黒髪じゃなくて「くらがみ」にしてください。という伝え方をしてみましょう。黒髪と違い外国人のような透明感のあるダーク系カラーです。

 

日本人に似合いやすい暗さがある

日本人はもともと肌に黄色味をもっている方が多く、真っ黒すぎる黒染めをすると肌の色がくすんで見えたり、血色が悪く見られがちに見えるのがカラーリング時の特徴です。今流行りの『暗髪』と言われる6〜7トーンの明るさの暗髪カラーは、肌をくすませてしまうことがない為、暗めのカラーリングなのに違和感を感じないカラーリングになります。

 

黒く見えないの暗髪の明るさとは?

Secretには、髪の明るさに対する基準が定められた『カラーリングレベルスケール』があります。

  • 例)
  • ◯航空会社では基準がレベル6
  • ◯ホテルではレベル7
  • ◯百貨店はレベル10まで

 

1)黒髪・・・4トーン以下(黒染めと言われる領域の事)

*4トーン以下のカラーで染めた場合の注意点としては、退色しても明るくなりません。特別な『脱染剤でカラーを抜かないと戻せません』今後明るくする事は絶対に難しいし、明るくする事が困難なカラーレベルです。

2)暗髪・・・5〜8トーン(自然な色味を感じる領域の事)

暗髪に仕上げるポイントは

 

3)茶髪・・・9トーン以上(色味より明るさを感じる領域の事)

暗髪が人気3つの特徴とは?

重たく感じない暗さが人気

暗めのカラーリング=重たい、そう思う方も多いと思います。しかし、暗髪カラーは今までにあった暗いカラーのように肌に透明感がなくなったり、重たい印象がに見えてしまうカラーリングとは違います。暗髪カラーは今までのカラーリングとは違い、暗めのトーンなのに重たく見えないカラーリングなのです。その秘密は、ブラウンの配合量で決まります。今までは、ブラウンの染料が多く、その為、重たく見えてしまっていましたが、暗髪カラーはブラウンではなく、なりたい色味の染料を濃く配合しているのがSecretの暗髪の特徴です。アッシュ系なら青みを配合し、レッド系なら赤系の染料を多く入れることでトーンを落とすのに重たく見えることはありません。イメージは、暗くするよりも濃くして暗く見せるイメージだということです。

 

2週間しても色持ちがいい

透明感をだすためには髪の毛を明るくすることが必須と思ってハイトーンカラーにしていた方も多いと思いますが、ハイトーンカラーは確かに透明感がでるものの、色落ちが気になります。だいたい12トーンになってくると2週間で色落ちを覚悟しなくてはなりません。暗髪カラーはトーンは6〜7トーンなので色持ちは12トーンに比べて倍以上の持続性があり、色落ちも綺麗なのが魅力です。今まで透明感をだすためにハイトーンにして色落ちを気にしていた方でも、暗髪カラーにすることが今までよりも色持ちが一気によくなるのでオススメです。

 

暗くても外国人のような透けた透明感がでる

外国人風と聞くと誰しもがハイトーンカラーのイメージを持っているかと思われますが、実は暗髪カラーでも外国人のような雰囲気にする事は可能です。なぜなら暗髪カラーは、普通のカラーリングに比べても透明感と抜け感に優れています。今までにない雰囲気の外国人風カラーに挑戦してみてはいかがですか?

暗髪のメリットは、時間立つ自然に色が抜けるので次回来店時のカラーがキレイに色を入れることができます。 もともと日本人にに似合う髪色なので肌の色季節は選びません。 黒髪と違い透明感とツヤがあるのが特徴で傷んで見えないモテ系カラーです。

黒染めじゃない暗髪との違いとは?

【黒染めはカラーチェンジがしにくい】

もう、一生カラーリング何てしない!そう誓って黒染めしたはずなのに、数ヶ月後には明るくしたい!そんな出来事ありませんか?
一度黒髪(5レベル)ほどのトーンダウンをしてしまうと、また明るくしたくなったときにキレイに色を入れることが難しくなってしまいます。
透明の牛乳瓶に墨をいれてこぼしたイメージ!! 一度色が入ったカラーリングは、なかなか綺麗に落とす事ができません>。<
また、髪にもダメージを与えてしまいます。

 

【似合う人を選ぶ】

黒髪はブルー系肌の方にはなじみますが、色白でもピンク系やイエロー系肌の方、小麦肌の方には合わせづらいのです。
このお話は、パーソナルカラーでもご提案してます! ぜひ、ご参考くださいね。

【季節を選ぶ】

季節によっては、洋服が明るくなるので、黒髪だと合わせづらく感じる方も多いです。これは、着る洋服に明度差がつきすぎる事で違和感を感じてしまいます>。<
対する“暗髪”は、時間が経過すれば色が自然と抜けるので、次のカラーリング時にキレイな色を足してあげることができます。
肌の色や季節を気にするという事が無くなりますね♪ 明度をおさえれば、傷みを感じにくいカラーリングの効果も得られますね☆

暗髪で参考にしたい有名芸能人3名といえば?

お仕事や学校の関係であまり髪の毛を明るくできない方は多いですよね。そんな方にオススメなのが暗髪カラー。暗髪はナチュラル、そして上品、清楚、と誰からも好感度の高いモテ髪です。みんなが憧れる有名芸能人の中にも暗髪の方は多くいます。見ると暗髪にしたくなる、そんな暗髪芸能人をご紹介します。

石原さとみさん

出典:MINEBY3M

男性からも女性からも、かわいいと絶大な人気の女優、石原さとみさん。ドラマ、CM、雑誌と幅広く活躍しています。ヘアスタイル、メイク、ファッションと注目され、お手本となる存在です。そんな石原さとみさんといえば暗髪の印象が強いですよね。暗髪×笑顔は鉄板のモテスタイルです。

榮倉奈々さん

出典:ORICONSTYLE

モデル・女優の榮倉奈々さんはロングでもショートでも、常に暗髪ではないでしょうか。8頭身という抜群のスタイルに、黒髪というまさに大和撫子のようで、憧れている方も多いはずです。榮倉奈々さんを見ていると暗髪にしたくなりますね。

吉高由里子さん

出典:NAVER

長い前髪にストレートヘアがトレードマークの女優、吉高由里子さんも暗髪の印象が強い芸能人さんですよね。ドラマ、映画でも多く活躍している人気女優です。上品で優しい印象の吉高由里子さんは男性からも可愛いという声が沢山ありますね。

 

今年の暗髪は人気のヘアカラー3選

2017年に流行った色は青みの濃いネイビーや赤みをとったアッシュグレーなどの暗めのカラーを求めるお客様が数千人いました。2018年さらに人気があるカラーはまったく今まで経験したことのない暗髪カラー人気です♡特に働いている20代から30代のOLさんや派手なブリーチなしで派手な印象にならないことが予約の多い理由です。今年の注目色は、ほんのり赤みを感じるショコラブラウンで暖色系やブルーベージュアッシュなどの色味が濃いカラーで柔らかく見えるカラーに注目が集まっています。

 

暗髪でブリーチなしのグレージュ

暗髪グレージュとはグレーとベージュを合わせて作った造語です。 グレイッシュベージュの短縮形です。グレージュのヘアカラーは暗髪で外国人風の自然な透明感のあるくすみを表現しながら光の屈折で髪の毛がアッシュとベージュの2種類出る髪色です。

 

暗髪グレージュロング

暗髪グレージュ

黒髪でもグレージュになります。そもそもグレージュとは、灰色とベージュをミックスしてシークレットオリジナルのカラーの事を言います。アッシュとは違って青紫ではないので赤みをソフトに消してくれるカラーなので暗くしておいて、2、3週間をかけて自然い明るさを楽しむカラーです。透明感があり、まるで外国人風な雰囲気が出せるカラーです。

暗髪グレージュが似合う髪の長さは?

暗髪のグレージュは深みのあるアッシュでグレージュが似合う髪型は、ロングやセミロングのボリュームの大きなウェーブヘアが人気です。ミディアムやボブショートを暗髪のグレージュにすると、クールでセクシーな雰囲気にすることもできます。コテやパーマなどで質感を演出することも可能です。

 

ダークトーンアッシュカラー

暗髪アッシュカラーとは髪色の表現のことを言います。アッシュは灰色と思っている方がいますが、ヘアカラーでアッシュとは青紫の髪色を意味しますので注意しましょう。

ヘアカラーで暗髪アッシュとは、紫っぽい灰色がかったくすんだ髪色になります。日本人の髪質は赤みがあるので暗髪にするとただの黒髪にしかなりません。シークレットの暗髪アッシュは赤みを消す補色になる青紫系の色を使うので暗髪でも綺麗な透明感のあるアッシュにすることができます。ベースのの髪色や髪質により髪色は変わります。

暗髪グレーアッシュハイライト
グレーにアッシュを入れると暗髪でもグレーアッシュになり、アッシュグレーとグレーアッシュ何が違うか聞かれますが、同じです。この色は、シークレットオリジナルカラーです。この色味にしたいときは、ハイライトを3回入れてそこからグレーアッシュを重ねると綺麗な色になります。

暗髪でアッシュを強く出したいとき

はじめにブリーチをします。その後で暗めのアッシュでヘアカラーをすると透明感のあるアッシュになります。しかし、髪の毛全体をブリーチするのに抵抗がある場合は、バレイヤージュのような毛先を明るくする技術やウィービングでハイライトをいれる方法もあります。

ブリーチでハイライトをいれてからカラーをすると髪色の入り方が変わり、外国人のような柔らかい髪質に見えるヘアスタイルになります。

暗髪アッシュカラーの特徴

アッシュ系のカラーは寒色系の染料は粒子が大きく髪の内部に入りにくいのが特徴です。そのため他のカラーと比べると色落ちが早いです。パーマや他のカラーとの組み合わせをする時はできるだけ別々で施術をして髪を傷めさせないことが色持ちをよくします。

 

暗髪ブームの火付け役ブルージュ

ブルージュとは、ブルーとベージュを掛け合わせたカラーになります。ブルージュは他の2つと特徴は同じですが外国人のような透明感を与えてくれます。

黒髪がまだまだ人気のブルージュですが見た目は、黒ではなく濃い青みが入っているブルーに近いカラーです。ブルーなんてやらないよ!というお客様にあえて提案しているカラーです。日本人の肌は、イエローベースとブルーベースにわかれます。ブリーチをしなくても髪の毛の気になる赤みやオレンジを自然に消すことができるのです。

 

ブルージュボブ

ブルージュの特徴は日本人特有の赤みを消して、透き通る透明感が出ます。顔は髪が1番近いところなので青みのあるブルージュは青みで肌を白く綺麗に魅せてくれます。髪に艶を出してくれるため髪色の暗髪のブルージュから明るいカラーまでも幅広いブルージュにできます。

 

そんなに明るくない人にオススメ

https://www.secret-hair.com/catalog/style43707.html

カラーのレシピは、ディープブルーにグレーアッシュ とブルーをミックスさせたカラーです。ベースの明るさがそんなに明るくない暗髪だけど、色味を出したい方にオススメです。

明るい髪を暗くしないで透明感を出したい

https://www.secret-hair.com/catalog/style43704.html

ベースの明るさが明るくて暗めにするときは、 グレーアッシュ がオススメです。光の角度で灰色に見えてくれる透明感が1番出せるカラーです。

パーマをかけて重たく見えないブルージュ

https://www.secret-hair.com/catalog/style43691.html

パーマを何度かかけた髪はムラになります。ディープブルーにグレーアッシュ をミックスするとムラを直して赤みやオレンジを消してくれます。

暗髪パープル

暗髪パープル

アディクシーパープルとグレーとベージュをミックスして暗髪グレージュパープルにしました。グレージュに飽きた人やブリーチの傷みが気になる人はパープルでツヤを感じる色にしましょう。

 

 

 

暗髪でも似合う髪型ショートからロングまで

スッキリとしたシルエットが可愛いショートスタイル。元気で明るい印象に思いますが、髪の毛の明るさを暗くすることでナチュラルに、そして落ち着いた印象になります。バッサリとイメージチェンジしたい方にも挑戦しやすいショートスタイルをご紹介します。

 

シンプルショートボブ

シンプルショートボブ

全体的に丸いシルエットのショートボブ。自然に流れる前髪も、フェイスラインに沿って丸くすることで女の子らしさを出し、暗髪にすることで少し控えめな可愛らしい印象にしてくれます。暗く見えてしまいそうという方は、もみあげの髪の毛を耳にかけてあげると印象が明るくなります。

小顔に見せるナチュラルマッシュショート

小顔に見せるナチュラルマッシュショート

襟足がスッキリとしたマッシュベースのショートスタイル。トップは長く残すことで、後頭部にボリュームを出すことができます。日本人に多い絶壁をカバーできるシルエットになるのでオススメです。また、暗髪にすることで肌の透明感も増し、よりナチュラルなスタイルにすることができます。

トレンド暗髪ショートスタイルでナチュラル小顔に

トレンド暗髪ショートスタイルでナチュラル小顔に

ふんわりくしゃっとしたマッシュベースのショートスタイル。襟足、もみあげの髪の毛を外ハネにすることで可愛さupです。暗髪だと重く見えがちですが、ふんわりとした空気感が軽く見せてくれます。清楚で上品な印象にしたい方に特にオススメです。

 

暗髪にオススメの髪型ボブ

常にトレンドスタイルで人気のボブですが、カラーの明るさが暗めのカラーリングになると、どうしてもスタイル全体が重たく見えてしまったりしますよね。そんな方には、暗髪カラーがオススメです。ボブでも重たい印象になりにくいので気にせずボブを楽しめます。今回はそんな暗髪ボブヘアースタイルをご紹介いたします。

 

重たく見えない暗髪カラーのヘルシーボブ

長谷川潤さん風クセ毛風カールの黒髪ボブ

暗髪カラーリングは、髪色が沈んで全体的に重く、透明感が出しにくいのですが、暗髪カラーはブラウンが少ない為、髪色が沈みにくく、透明感や透け感のあるカラーにする事ができます。ボブでも無造作なパーマをかける事で、ヘアースタイルに空気感が入り、より軽やかさを表現する事ができます。

 

パーマと暗髪カラーで透明感のあるふんわりボブ

暗髪ロングボブで重く見せないニュアンスパーマ

 

ダークアッシュ系のカラーでも、重くならずに仕上げる事ができます。ボブのパーマで重く見せないポイントは、毛先はしっかりとカールさせる事です。ウェーブでもワンカールでも毛先にカールがある事で、柔らかく重く見せずにボブを楽しめる事ができます。アッシュ系カラーなら髪の赤みを消しながら、透明感のある仕上がりにすることができます。

 

暗髪耳かけショートボブ

耳かけアレンジで小顔に見せるナチュラルショートボブ

 

暗髪で重く見せないボブのポイントは、カラーリングに透明感や抜け感があることです。ベージュ系カラーなら、髪の赤みを取りながら透け感を表現しやすいので、重く見えやすいボブにもピッタリのカラーになります。顔周りに前髪からつながる束感を作ることで、耳にかけた時にも小顔に見せながら、スッキリとした印象にすることができます。

 

暗髪にオススメの髪型ミディアム

沢山のモデルさんや芸能人の方から支持を受けているミディアムヘアーですが、その魅力は、なんといっても動きを出しやすくて重たく見えないところにあります。ミディアムヘアーの特徴を活かすためにも、暗髪カラーはミディアムの方にすごくオススメです。

 

暗髪かき上げバングで色気のある透明感を

黒髪でも重く見えないふんわりミディー

 

黒髪のボブテイストはどうしても子供っぽくなってしまいそうでなかなか挑戦できない方でも、暗髪カラーなら全体的に落ち着いた大人っぽい雰囲気にしつつも重たくない、違和感のあるような質感ではないので、いつもよりも色持ちがよく柔らかい質感のカラーリングに挑戦してみてはいかがですか? いつもと違った雰囲気になるのでオススメです。

 

ふわっと可愛らしさを引き立てる暗髪シナモンアッシュ

暗髪がグラマラスなかきあげ前髪の大人レイヤー

全体に緩めのワンカールパーマをかけて毛先に動きを出し、トップにはペタンコにならないように根元からポイントパーマをかけます。柔らかさを出しやすいシナモンアッシュは、柔らかいパーマとの相性は抜群です。地毛が太くて赤みが強い方は、ダブルカラーをすることで赤みを取ることができるのでオススメです。

 

ナチュラルな暗髪グラデーションカラーで暗くても外国人のような透明感を

外国人風暗髪グラデーションカラー

外国人風にするためには、どうしてもハイトーンにしないと外国人のような雰囲気にならないと思いがちですが、暗髪カラーならハイトーンにしなくても外国人のような透明感のある雰囲気にすることができます。根元から毛先にかけてナチュラルなグラデーションにすることがポイントです。根元が伸びてきても目立ちにくいので、普段カラーリングを頻繁にすることができない方にオススメです。

暗髪にオススメの髪型ロング

ロングスタイルでトーンが暗めのカラーリングだと、どうしてもスタイル全体が重たく見えそうでなかなか挑戦しづらいと思いますが、暗髪カラーならロングスタイルでも重たい印象になりにくい、そんな暗髪ロングヘアースタイルをご紹介いたします。

 

ロングでも重たく見えない暗髪カラーのかき上げワンカールパーマ

黒髪でも重く見えないふんわりロングヘア

 

黒髪だと重たくなってしまったり、なんだか顔の感じと肌馴染みが悪くて違和感を感じる方も多いと思いますが、暗髪カラーは、ブラウンの配合量が少ないため、重たく見えないんです。 カラーリングだけでなく、前髪をかきあげて、全体にも緩めのカールをつけることでよりロングスタイルでも空気感のある柔らかい質感にすることが可能です。

 

ゆるめのワンカールパーマに暗髪カラーで大人っぽい雰囲気に

暗髪がグラマラスなかきあげ前髪の大人レイヤー

全体に緩めのワンカールパーマをかけて毛先に動きを出し、トップにはペタンコにならないように根元からポイントパーマをかけます。ツヤがでやすいクリスタルアッシュは、暗髪の中でも透明感がありつつツヤ感もあるのでパーマとの相性は抜群です。地毛が太くて赤みが強い方は、ダブルカラーをすることで赤みを取ることができるのでオススメです。

 

長めのロングヘアーもミックスパーマと暗髪カラーで動きのある軽やかな印象に

ツヤツヤパーマの黒髪ロングスタイル

 

胸下のロングになるとどうしても髪の毛の重さでトップがペタンコになったり、顔周りがストンとして面長な印象になりがちです。そんな時にオススメなのが耳ラインからかけるミックスデジタルパーマです。アイロンで巻いたような質感にして、なおかつカラーリングは暗めの6トーンのダークセピアアッシュなので落ち着いているのに光が当たるとグレーがかって見えるため重たくなく、周りの人とは一味違ったカラーリングにすることが可能です。

まとめ

 

髪の色や明るさで、相手に与える印象は大きく変わってきます。女性のきれいの70%は髪の毛で決まる!と言われるように
第一印象は大切にしておきたいものですよね。このようなメリットの多い“暗髪”を、失敗しない方法で、綺麗を目指してみてはいかがでしょうか。
黒髪に失敗した方も、明るい髪の毛に飽きた方も、色味の変化で新しい自分に出会えるかもしれませんよ。

参考チャート:オルディーブ

今まで黒髪にして、なんだか違和感を感じて、暗くしたいのに諦めていた方でも暗髪カラーなら、黒髪とは違って肌馴染みもよく、艶がでるためパサつきやすいパーマを綺麗に見せてくれる効果もあり、パーマとの相性は抜群です。今まで、透明感を出すためにはハイトーンカラーにするしかないと思って、色落ちが気になっていたり、毛先にパサつきや切れ毛が気になっていた方のそんなお悩みも解決することができます。そんな暗髪カラーをこれからはなりたいイメージに合わせて上手に取り入れてみてはいかがですか?

Secretでは、暗髪カラーを希望されるお客様がたくさんいらっしゃいます。ぜひ、一度ご相談ください。

黒髪暗髪に関連する人気の記事

(画像)

黒髪や暗髪でも透け感がでるカラー大流行!大人の黒髪や暗髪にする方法

(画像)

アッシュグレーで自分に似合う髪色になれる方法

(画像)

ブリーチなしで作るアディクシー最強レシピを公開

 

自分に似合うカラーリングを探している方の記事

(画像)

(画像)
(画像)
顔型に特化した関連する人気の記事
(画像)
2018-04-30 245105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

くせ毛診断
似合せ骨格顔型診断分析

人気ヘアカラー

トレンドカラー
柔らかグレー
ピュアカラーピンク
大人マッド

人気動画一覧

ブローだけで簡単に出来る前髪の流し方
おろして流す前髪をブラシを使ったブローの仕方をご提案します。プロが教える!前髪の乾かし方はコツをつかめばとても簡単です。
表参道でパーマ比率No1サロンの実力派MOVE☆
パーマをかけたけど上手く乾かせない!そんなあなたにプロのデザイナーが乾かし方を動画でレクチャーします。動画に流れるテロップも乾かすポイントになってます。
前髪をバッサリカットしてイメージを大きく変える
女子ならだれもが1度はイメージを大きく変えてみたいと願うもの