ホーム>物販>ノンシリコンシャンプーとシリコン入りシャンプーの違いは何

ノンシリコンシャンプーとシリコン入りシャンプーの違いは何

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
ノンシリコンシャンプーとシリコン入りシャンプーの違いは何

本日もお客様との会話でノンシリコンシャンプーのお話がでました。果たしてノンシリコンシャンプーとは何なのか。以外に知らない方もおおいのではないでしょうか?

そもそもシリコン入りシャンプーの場合、指通りを良くしてツヤツヤな髪にしてくれるのが一般的に売られているシリコン配合のシャンプーです。人体への刺激も少なく安全面も問題ないシリコン配合のシャンプー。髪がツヤツヤになって刺激も少なく安全なシャンプーがあるのにそれを無くしノンシリコンシャンプーが流行ったのか。

ノンシリコンシャンプーのメリット

ノンシリコンシャンプーの場合髪に毛をコーティングするシリコンが入っていないため髪の毛が自然に立ち上がりボリュームアップ出来たり、カラーやパーマなどの掛かりが良かったりシリコン特有のツルツル感は無くどちらかというとサラサラになります。ごく稀にパーマの掛かり具合やカラーの色の入り具合が悪い人がいます。そういった人に今のシャンプーは何を使っているかと尋ねると大体同じメーカーの市販のシャンプーを使っている事が多いです。シリコンが髪をしっかりコーティングしてしまい髪に薬剤が浸透しないのが原因です。そういった事がほぼ無いのがノンシリコンシャンプーです。後は髪の毛をコーティングしなくなる分薬剤の効果が高まるのと同じで成分の良いトリートメントを使うと髪内部まで浸透出来るのでトリートメント効果も実感出来ると思います。

キシキシ感

ノンシリコンシャンプーを使って髪を洗うと髪がすごくキシむ事ってありますよね。それは先程も書いた様に髪をコーティングして指通りを良くしてくれるシリコンがなくなったからなのですがそれだけではありません。シリコンが入っているとコーティングして指通りを良くする事でシャンプーの洗浄成分そのものの性質を誤魔化せるのですがノンシリコンの場合コーティング効果が無い分洗浄成分の良い悪いがシャンプーをした時に現れます。<ノンシリコンシャンプーで洗うとゴワゴワする>というのは洗浄成分の違いです。洗浄成分そのものが良いものだとあまりギシギシやゴワゴワしたりなどなくノンシリコンシャンプーの良さが体感できると思います。

かと言って全員が全員ノンシリコンにした方が良いというわけではなく、ハイダメージの人などはシリコンである程度コーティングしてあげないと余計に絡まったりそこから切れ毛になったりなどもあるので自分に合ったシャンプーを選ぶのがベストな選択です。


HIroka

HIroka

Written by:

新規指名NO1美容師になりましたw指名予約でどうぞ♪

【価格】ではなく、お家に帰って鏡を見るたびに気分が良くなるような【技術】と早く美容室に行きたい!と思ってもらえるような居心地の良い空間作り等、美容室としての【価値】でお客様に喜んでいただけるような美容師でありたいと思っています!

大切な髪の毛を一生任せたい。髪の毛もキレイにしたいけどひろかと話しに行こうかな!と言ってもらえるような関係になれると嬉しいです♪

あなたの毎日にキラキラ☆の魔法を。。。

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

HIrokaは、こんな記事も書いています。

  • イメチェンならするならバッサリショートヘア

    イメチェンならするならバッサリショートヘア

  • 伸ばしかけだから可愛い今しかできないプロがお勧めするショートからロングまでのヘアスタイル

    伸ばしかけだから可愛い今しかできないプロがお勧めするショートからロングまでのヘアスタイル

  • 【2018秋冬】グレージュカラーは暗めが一番可愛くなれる!

    【2018秋冬】グレージュカラーは暗めが一番可愛くなれる!

  • 小顔で痩せて見えるミディアムの髪型

    小顔で痩せて見えるミディアムの髪型

  • ミルクティーベージュカラーは透明感がやばい透けるヘアカタログ!

    ミルクティーベージュカラーは透明感がやばい透けるヘアカタログ!

  • プロが教える美髪ヘアーでダメージ知らずになれる髪の乾かし方

    プロが教える美髪ヘアーでダメージ知らずになれる髪の乾かし方

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事