ホーム>スタッフ>『縮毛矯正とカラー』『パーマとカラー』同時施術するならどっちが先!?

『縮毛矯正とカラー』『パーマとカラー』同時施術するならどっちが先!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
『縮毛矯正とカラー』『パーマとカラー』同時施術するならどっちが先!?

最近よく聞く


最近忙しくて


美容室に行く時間がなくて・・


これた今回でまとめて全部やっちゃおうと思って!


最近この言葉をよく聞きます。


もしかしたら夏の忙しい時期が終わって


年末前にちょっと時間ができる時期?なのかもしれません♫


次いつこれるかわからないから、今回まとめてお願いしたいです!


そんなお客様のお気持ちはよくわかります!


美容室に来る回数はなるべく減らしたいもの


だって休みが美容室で潰れちゃうのは勿体無いですからね。。


なので


今回はこの疑問に答えてみたいと思います。


Q縮毛矯正、カラーリングを同時にやりたい時、どちらを先に施術するのがベストですか?


この質問はこんな質問とも似ていたり


Qパーマ、カラーリングを同時にやりたい時、どちらを先に施術するのがベストですか?


ちょっと違うといえば違うところもありますが、


是非、参考になるのでパーマと悩んでいる人も見ていってくださいな♫


はじめに僕の答えはこちら



A.求めるカラーリングにもよりますが、全体をカラーリングしたい場合は先に縮毛矯正をし、カラーリングすることをお勧めしています。



先に縮毛矯正をおすすめする理由


縮毛矯正は髪の毛の結合を切断して、まっすぐに伸ばしたものを再結合させるのが、縮毛矯正の工程になりますが、その1液で髪の毛の結合を切断する際に、カラーリングの色を褪色させてしまう反応を起こしてしまいます。
そのため、カラーリングを先にすると、求めている色味に染まったとして、そのあとの縮毛矯正で色素が抜けてしまって思った仕上がりにならない事になってしまいます。



リタッチのみの場合


根元のみのカラーリングの場合はカラーリングを先に施術する事があります。なぜならカラーリングをして、髪の毛の新生部と既染部のダメージレベルを等しくするためです。新しく生えてきた根元をすでに染まっていた毛先と同じ状態にした方が綺麗に根元のクセを伸ばせるため、カラーリングを先に施術する事があります。もちろん色落ちを計算して、カラーリングの施術を先に行う事が必須条件になるので、初めのカラーリングは少し暗めに色を入れるくらいが仕上がりは丁度よくなります。

最後に

縮毛矯正とカラーリング
パーマとカラーリング


できれば2週間ほどあけて施術するのがベターですが、

使うお薬によっては、同日に行っても、ダメージを気にせず施術することができます♫


是非、お気軽に同時施術を希望している場合でも

ご相談ください♫


島内 良丞

島内 良丞

Written by:

小顔効果の高い一人一人に似合わせるオーダーメイドのヘアスタイル提案が上手いデザイナー。前髪のカットに定評があり、自身で常にコンテンツや動画を発信し、youtubeでは10万回以上の再生回数を誇る若手実力派スタイリスト。動物好きで今の目標は、猫を飼う事です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

島内 良丞は、こんな記事も書いています。

  • 同じ分け目でいると薄毛につながる!?簡単にできる分け目の変え方

    同じ分け目でいると薄毛につながる!?簡単にできる分け目の変え方

  •   ハネさせない!綺麗に内巻きカールにする方法

    ハネさせない!綺麗に内巻きカールにする方法

  • パーマの種類とメリットとデメリット

    パーマの種類とメリットとデメリット

  • ゆるふわの次はナチュラルな外国人風ゆるめパーマが流行ってる

    ゆるふわの次はナチュラルな外国人風ゆるめパーマが流行ってる

  • お家で一番綺麗にパーマを再現するための3つのアイテム

    お家で一番綺麗にパーマを再現するための3つのアイテム

  • 流れない前髪を簡単に流すにはふんわり自然な前髪パーマがおすすめ

    流れない前髪を簡単に流すにはふんわり自然な前髪パーマがおすすめ

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス