ホーム>スタッフ>パーマで思った髪型にならない場合も

パーマで思った髪型にならない場合も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
パーマで思った髪型にならない場合も

よく、パーマをするとまとまりやすくなって落ち着きますよね。

という声を聞きます。


確かにまとまりがよくなったりしますが、

パーマ=まとまる・落ち着くという考えはちょっと待った方がいいと思います。


今の髪がなんでまとまらない・決まらないのか、

まずはその原因を探っていくことが大事ですね。



・パーマを繰りかしている人は毛先のダメージが原因でまとまらなくなる人も多いです。


・毛量が多い人はスキバサミで結構好かれてることが多々あります。

根元、中間から短い毛がいっぱい出てきたりしていませんか?


・くせ毛で悩んでいる人は、ストレートパーマでボリュームダウンした方がいい場合もあります。



やはり、実際にお客様のお悩みを聞いて髪の状態を見ていかないと判断しづらいことも多々あります。


もちろんお客様はパーマをかけたくてサロンに足を運んでいただいてますよね。


お客様のご要望を叶える、満足していただく!


使用する薬剤・機材は日々進化してどんどん良くなっています。


どれだけダメージを与えないで施術していくのかが大事になっている時代なので、僕もそこはすごく意識しています。


パーマをかけて満足感はあると思いますが、


ただ、今パーマをかけるのともう少し髪のコンディションが良くなってからかかるとパーマとでは、


カールの出方・カールの持ち・まとまり方が全然違ってくると思います。


そうなると、今よりもう少し待ってからパーマをした方が良いんじゃないかと思ったりしませんか? (´・_・`)


長い目で見たときに髪質・髪の状態が全然違ってくると思います。


お悩みはしっかり聞かせていただきますので一緒に満足のいくヘアスタイルにしていきましょうね!





スタッフブログ

スタッフブログ

Written by:

シークレットブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スタッフブログは、こんな記事も書いています。

  • スタイルもイメージもあまり決めずに伺ってしまいました

    スタイルもイメージもあまり決めずに伺ってしまいました

  • 硬くて多くて乾燥しやすい髪質でも自分が変わっていくのが分かる

    硬くて多くて乾燥しやすい髪質でも自分が変わっていくのが分かる

  • 私の髪の毛はブリーチ毛にハイライトをいれてもパーマはできる

    私の髪の毛はブリーチ毛にハイライトをいれてもパーマはできる

  • ヘアカラーの色落ちしない秘密プロが教える6つの裏技

    ヘアカラーの色落ちしない秘密プロが教える6つの裏技

  • グラデーションカラーのやり方とショートからロングまで

    グラデーションカラーのやり方とショートからロングまで

  • 似合う前髪の種類と特徴のまとめ

    似合う前髪の種類と特徴のまとめ

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事