ホーム>スタッフ>ブリーチを一回したら、繰り返し綺麗にカラーができる トレンドのグレージュやベリーピンクも楽しめる

ブリーチを一回したら、繰り返し綺麗にカラーができる トレンドのグレージュやベリーピンクも楽しめる

2017/06/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
ブリーチを一回したら、繰り返し綺麗にカラーができる トレンドのグレージュやベリーピンクも楽しめる

ブリーチの印象


ブリーチをした後のカラーって、


すぐに色が落ちちゃう、、、


痛んじゃう。


切るしかない、


などなどなかなかネガティブな印象を持たれている方が多いみたいです。

今回はそんなブリーチのよいところをふんだんにお伝えしていこうと思います。。。


ブリーチをすることのメリット

ブリーチをすると確かにダメージの部分では群をぬいてNo. 1です。

引っかかりも増すし、パサつきもでる、、


でも、でもでも、、デメリットだけではない(・ω・)ノ


もちろんメリットもあって。


キレイに発色する


これに関しては圧倒的です。鮮やかな色味を楽しみたいならば必須です。

やはりこの点のメリットが本当に大きい、白に近いベースを作れるというのはデザインの幅を無限に広げてくれると言っても過言ではないから。。


なんで綺麗に染まるのか?


これは例えると、


・白の画用紙の上から色を塗るのか


・黒の画用紙の上から色を塗るのか


どちらが綺麗に塗れるのかは誰でもわかりますよね☆


髪の毛も考え方は一緒です


ブリーチをしてメラニンを壊し、


色を抜いてからカラーをした方が鮮やかなのはこういうことです。


3回前後ブリーチをして


白に近いくらいまでぬくと


マニキュアを使わずとも原色カラーができたりもします♪


うん綺麗☆

白ベースまで色を抜けばこんな感じの原色グラデーションもお手の物☆


では次に


色が落ちて金髪に戻っちゃった

ブリーチ毛は色落ちも早く、すぐに明るくなっちゃった、、、という方も多いはず。


でも、根元の伸び具合にもよりますが、退色がすすめば金色に近づいてくるので


そのまままた鮮やかカラーを楽しめます。


例えば


このお客様も1ヶ月前にミルクティーのようなベージュにしたくて


ブリーチオンカラーをさせていただきましたが、


写真のように色がぬけ、


濡れている状態でも金髪だとわかるくらいになった状態です。



だったら


その色落ちの状態を利用して、


また鮮やかな高橋カラーを入れればOKなんです☆


根元をまたブリーチするかどうかは


髪のコンディションや、今後のヘアーにもよりますが、


中間〜毛先のすでにブリーチしてある部分はまた綺麗に色が入るので、


前回とは違う今回はアッシュ系のカラーリングをチョイス☆


まずは仕上がりを見てみると

シルバーアッシュの完成


綺麗ですね(^^)


根元も自然に馴染んでいて


グラーデーション風の鮮やかなモードアッシュが入っています♪


ポイントは


黄色みを消すためのカラー剤もしっかりと入れておくことで、


キンキンした毛をなくし


更に鮮やかな状態にしていることです。

まとめ

このようにブリーチをしたあとは何度も色が楽しめるという大きなメリットもありますので


気になる方はまずご相談ください。


ケアの方法から


今後の方針まで親身に


カウンセリングさせていただきますので。


スタッフブログ

スタッフブログ

Written by: スタッフブログ
シークレットブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スタッフブログは、こんな記事も書いています。

  • 秋冬は黒髪ではなく暗髪がオススメ

    秋冬は黒髪ではなく暗髪がオススメ

  • 2017年秋、オススメ暗髪カラーショート4選

    2017年秋、オススメ暗髪カラーショート4選

  • 求人募集のお知らせ

    求人募集のお知らせ

  • 2017 花火大会ガイド

    2017 花火大会ガイド

  • 巻き髪とストレートスタイルの違い

    巻き髪とストレートスタイルの違い

  • そもそもレイヤーとは?

    そもそもレイヤーとは?

カテゴリー


美容院専用ホームページサービス