ホーム>スタッフ>ベージュとは何色なのか?肌色だと思ってはいけません!

ベージュとは何色なのか?肌色だと思ってはいけません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベージュとは何色なのか?肌色だと思ってはいけません!

この記事を読むのに必要な時間は約2分です。

ベージュについて

カラーはアッシュを推し気味ですが


アッシュのオーダーが多いというだけで


もちろん他のお色もできます。


例えばベージュ、いつも人気で昔からオーダーの多いカラーリングの一つです。

色んなベージュ


写真を見ながら例を見てみると、



ハイトーンのシナモンカラーから

明るめベージュは黄色が強くなりすぎるとキンキンしてしまうので注意が必要。

少しくすませながら染めているので痛んで見えず、ツヤ感が綺麗です。


また、明るさを抑えたベージュ系カラーだと深みがすごく増し、お色持ちも良く大人美しいカラーを楽しむことができます♪

アンダートーンのミルクティーまで


様々なお色に対応しています♪


綺麗に染める秘訣は

僕の独自の調合もありますが、


毛髪診断が重要です

カラーリングについての基本的な記事が載っている記事はこちら

お読みいただけましたか?

いつも何色で染めているのか、今までの履歴がとても重要になります。


僕たち美容師はこのアンダートーンと言われる前のカラーの残留色素を読み取り、絵の具を混ぜるとうな感覚で色の足し算をしているんです(^ ^)



「ベージュって何色??」

お客様からよく聞かれる質問です。

アッシュかベージュはよく聞かれるお色です


おそらく、
「肌色です!」


と応える方が多いのかな?


肌色だと人それぞれかなり色は違いますし、


ベージュは世界共通の言葉なので


正確さに欠けます。


正しくは


染めていない地の羊毛の色。

羊さんですね☆

もしくは


明るめの薄茶色とも言われています。


意外と知らなかった人も多いのではないでしょうか?


とっても良いお色なので是非とも参考にしてください(^^)



黄色みがでやすい色ですが、


黄色を抑えたベージュなども

できますのでお任せください。

ウエーブやパーマとも相性がいい



ゆるウエーブがかわいい☆愛されセミロング

ハイトーンのベージュはとても元気なお色なので、重くなりがちなスタイルに軽さをだしていこう(・ω・)ノ


毛先までしっかりと色味を入れて透明感とツヤ感をだすことができるのも嬉しいポイント。
美しいベージュカラーを楽しみましょう☆


悩んでも悩まなくてもまずはご相談ください。


ご相談ください(^ ^)


スタッフブログ

スタッフブログ

Written by:

シークレットブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフブログは、こんな記事も書いています。

  • トリートメントの口コミ

    トリートメントの口コミ

  • 【ブリーチ】だいすきなモデルさんがやっていたカラーで真似したみたくなり今回お願いしました

    【ブリーチ】だいすきなモデルさんがやっていたカラーで真似したみたくなり今回お願いしました

  • 【顔型】小顔になる髪型で来店したお客様の口コミ

    【顔型】小顔になる髪型で来店したお客様の口コミ

  • 表参道シークレットの口コミと評判

    表参道シークレットの口コミと評判

  • 【髪のクセ】硬くて多くて乾燥しやすい髪質でも自分が変わっていくのが分かる

    【髪のクセ】硬くて多くて乾燥しやすい髪質でも自分が変わっていくのが分かる

  • ブリーチ毛にハイライトをいれてもパーマはできる美容院

    ブリーチ毛にハイライトをいれてもパーマはできる美容院

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー