>>

美容師は髪の毛の医者でないといけない

2017/04/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
美容師は髪の毛の医者でないといけない

お客様のヘアスタイルを美しくするのが


僕たち美容師のお仕事です。


お客様が来店して


どんな髪型になりたいか聞いて


その髪型にする


それだけでは


今の時代満足していただけないんです。


お客様にとって


美容室にきて


髪の毛が綺麗になるのは当たり前なのだから。


お客様からしたら


美容師なんだから髪の毛綺麗にできて当たり前でしょ?


そう思っていると思います。


僕が働いているエリア


表参道青山では


他の店舗の美容師さんもみんなすごく上手にカットするし


カラー、パーマ、縮毛矯正


などなど


かなり上手です。


みんな綺麗にします。


そんな中でどんな美容師として


お客様に対応するのがいいのか悩んでいました。


そこで思っていたのが


技術はもちろん大事だけど


接客がお客様の満足度を高めるもっとも大きな要因なのではないかと思い


接客をしっかりしようと考えて


施術していたのですが


どうもしっくりこない


そんな感じで1ヶ月ほどサロンワークをしていましたが


最近あるセミナーを期に


自分の中の


接客のスタンスが変わりました。


接客=お客様と仲良くなることをメインに考えていました


それが


接客=お客様と主治医のような髪の毛について診療するような美容師になる


という接客スタンスに変わりました。


美容室に行くと


プライベートの話について聞かれることってありませんか?


僕は美容師さんにプライベートの話を聞かれるのがあまり好きじゃないので


美容室は基本的にいきません。


美容師さんが苦手だからです。


まず、プライベートのトークの割合をかなり減らしました。


人にもよりますがほぼ話さない。または来店回数によって


話したり話さなかったりしています。


会話の内容はほぼ全部髪の毛のこと


・今のトレンド

・トレンドに対するお客様への提案

・ヘアスタイルの年間提案

・お家でのヘアケア

・スタイリング方法

・施術内容の説明

・スタイル説明

・次回来店目安の説明


などなど


こんな会話をしていると


施術は終わっていますw


プライベートのトークがないぶん


お客様のストレスは少ない


しかも自分のヘアスタイルについてこんなに


話されたらちょっと信頼しますよね。そして期待します。


信頼してもらえると


確実に店販がかなり売れます。


だって


お医者さんに処方されたお薬を買わないで帰るひとっていないですよね。


美容師=医者


担当者は主治医なのです。


そのレベルまでお客様に信頼してもらるように


明日からもお客様の髪の毛を診察したいと思います♫


島内 良丞が投稿したブログの一覧はこちら


shimaオフィシャル優先予約


島内 良丞

島内 良丞

Written by: 島内 良丞
小顔効果の高い一人一人に似合わせるオーダーメイドのヘアスタイル提案が上手いデザイナー。前髪のカットに定評があり、自身で常にコンテンツや動画を発信し、youtubeでは10万回以上の再生回数を誇る若手実力派スタイリスト。動物好きで今の目標は、猫を飼う事です。    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

島内 良丞は、こんな記事も書いています。

  • 雰囲気を変えたい時には毛先だけパーマが魅力的

    雰囲気を変えたい時には毛先だけパーマが魅力的

  • 手に職とはこういう事なのかもしれない。

    手に職とはこういう事なのかもしれない。

  • 美容室で会話ってどうするのが正解?話さないといけないの?

    美容室で会話ってどうするのが正解?話さないといけないの?

  • 2017暗髪カラーって?この夏人気の光に当たると発色する暗髪カラーが人気

    2017暗髪カラーって?この夏人気の光に当たると発色する暗髪カラーが人気

  • 一番おすすめのパーマは?リアルな口コミ、ワンカールパーマでもゆるふわになれるのか?

    一番おすすめのパーマは?リアルな口コミ、ワンカールパーマでもゆるふわになれるのか?

  • 絶対失敗しないギリギリ結べる長さにする時のポイント

    絶対失敗しないギリギリ結べる長さにする時のポイント

新着ヘアスタイル

カテゴリー


美容院専用ホームページサービス