ホーム>スタッフ>サロンでオーダーの多いカラーは?

サロンでオーダーの多いカラーは?

2017/03/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
サロンでオーダーの多いカラーは?

一歩一歩、春に向かっていますが


髪色を明るくする人がそれほど多く無いような気がします。


実際、カラーに来られる方は、


根元が伸びてきたからと、


髪が明るくなってきたので染める人が多いですよね。


  〜色にしたい。


色を入れるということは色を足すこと。


足すので厳密にいうとトーン(明るさ)が下がります。


今より暗くなるんです。


この色味をどのくらい入れていくかでトーン(明るさ)を決めていきます。


もちろん、明るくしながら色も入れていけますよ。


明るくなるにつれて色味は薄くなっていきます。


明るいカラーほど、薬剤の力も強く色が抜けるのも早いです。


こんな感じで言うと明るいのがあんまり良くない感じがすると思いますが、


そんなことはないです!


早く抜けるので、次回違う色がやりやすい場合もある!


明るくなっているので、透明感が出やすいカラーが出来る!  など・・・


なんでもメリットもデメリットがありますよね。


前回カラーリングした色が抜けて、もともと髪に入っている


赤みや黄色味が出てきてそれを直したい人が多いです。


流行っている外国人風カラーが好きな人にとって赤みは天敵ですし。


明るくなるほど、黄色味が出てきてキンキン光って見えてきますよね。


明るく抜けて黄色に見えてきたら下品に見える場合もあるので注意が必要です。


カラーの退色を気にされている方が多いような。


カラーやパーマによるダメージ、ドライヤーやアイロン、乾燥、紫外線・・・


常にダメージを受けていると言っても良いかもしれませんね。


色持ちもカラーをするうえで重要な要素の1つですよね。


前にもご紹介した、



カラーの色もちも良くする簡単な方法は?



そんな中で人気なのが
暗髪
です!



色持ちも良く落ちてくる色味も楽しめる
暗髪!?



会社勤めの方はそんなに明るくできないですから、


透明感のある 暗髪
が良いんですかね?


暗くても色味が綺麗に見えやすい大人かわいいカラー


オーダー多いですよ〜


スタッフブログ

スタッフブログ

Written by: スタッフブログ
シークレットブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スタッフブログは、こんな記事も書いています。

  • 秋冬は黒髪ではなく暗髪がオススメ

    秋冬は黒髪ではなく暗髪がオススメ

  • 2017年秋、オススメ暗髪カラーショート4選

    2017年秋、オススメ暗髪カラーショート4選

  • 求人募集のお知らせ

    求人募集のお知らせ

  • 2017 花火大会ガイド

    2017 花火大会ガイド

  • 巻き髪とストレートスタイルの違い

    巻き髪とストレートスタイルの違い

  • そもそもレイヤーとは?

    そもそもレイヤーとは?

カテゴリー


美容院専用ホームページサービス