ホーム>スタッフ>跳ねやすい長さのスタイルを簡単に綺麗に内巻きにする方法

跳ねやすい長さのスタイルを簡単に綺麗に内巻きにする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
跳ねやすい長さのスタイルを簡単に綺麗に内巻きにする方法

人それぞれ適度な長さがあると思いますが、


伸ばしてる最中、肩に当たって跳ねる長さはスタイリングが大変ですよね。

今だと、外ハネも流行っているので跳ねさせちゃっても
あり
だと思います。


でも、基本的には内巻きにしたい!・・・ですよね?


今回は


跳ねやすい長さのスタイルを簡単に綺麗に内巻きにする方法


と、言っても実は全ての長さのスタイルに共通していることなんですけどね( ´ ▽ ` )


まず、頭を下に向けてドライヤーを後ろの方から当てていきます。

全ての髪を前方向に軽く引っ張りながら乾かしていきます。

テンションをかけて乾かすことでツヤが出やすくなります。

毛穴が全て前方向を向くイメージです。


そうすることで、自然な丸みがつきやすくなります。


そこからさらに綺麗に丸みをつけていく方法がいくつかあります。


・ブラシを使ってブロー

・アイロンを使う(丸アイロン、ストレートアイロン)

・カーラーを使う(マジックカーラー、ホットカーラー)   など


ブラシを使ってブロー


まずブラシを使ってブローは・・・正直難しいって思う方が多いですよね。

僕たち美容師も

「右側が特に跳ねやすいのでブラシで内巻きにブローしてくださいね。」

とは言いづらいですね。

くるくるドライヤーが良いかもしれませんね。

濡れてる状態の時から頭皮をブラッシングするように乾かしていくと根元が前に向きやすくなります。

中間から毛先は、内側からブラシを当ててゆっくりと毛先に向かっていきます。


アイロンを使う


今は持ってない人の方が少ないですかね?

1番簡単にできるかもしれないですね。


意外と知られてないと思いますが、丸アイロンは根元の方から入れます。

根元で巻かないで挟んだら、そのまま毛先まで滑らせてきます。

毛先のカール具合はお好みで。

そうすることで、根元の方からツヤが出てより女子力アップです。


ストレートアイロンもオススメです。ストレートアイロンだと火傷の心配が少ないですよ〜

ストレートアイロンも軽く引っ張りながら円を描くようにすると綺麗にできます。

毛先の時にさらにグルンと回すようにすると、簡単にワンカールスタイルに!


カーラーを使う


マジックカーラーだと100均で買えます。

根元から髪に当てて、クシで梳かすイメージで毛先まで持っていき巻きつけます。

巻きつけたら、セット力が弱めのスプレーをつけてあげると持続力が増します。

ゆるーくふんわりさせたいほど大きいカーラーを使います。

前髪のポイントが、流す場合は斜めに巻きつけます。

ホットカーラーの方が熱を使うぶんセット力が強いです。


自分がやりやすいやり方を見つけてくださいね。


熱を使うものは温度を上げすぎないように気をつけてください。


スタッフブログ

スタッフブログ

Written by:

シークレットブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スタッフブログは、こんな記事も書いています。

  • 秋冬は黒髪ではなく暗髪がオススメ

    秋冬は黒髪ではなく暗髪がオススメ

  • 2017年秋、オススメ暗髪カラーショート4選

    2017年秋、オススメ暗髪カラーショート4選

  • 求人募集のお知らせ

    求人募集のお知らせ

  • 2017 花火大会ガイド

    2017 花火大会ガイド

  • 巻き髪とストレートスタイルの違い

    巻き髪とストレートスタイルの違い

  • そもそもレイヤーとは?

    そもそもレイヤーとは?

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス