ホーム>スタッフ>色持ちの良い寒色カラーはどうやって染める?〜アッシュを長持ちさせる方法〜

色持ちの良い寒色カラーはどうやって染める?〜アッシュを長持ちさせる方法〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
色持ちの良い寒色カラーはどうやって染める?〜アッシュを長持ちさせる方法〜

「色持ちの良いカラーがしたいです」


やはりこのカラーオーダーはとても多いと実感しています。


なぜ色持ちをよくしたいのか?

やはりカラーリングが当たり前になった昨今、明るく染めている方はとても多いです。

ベースが明るければ明るいほど綺麗に染まる


反面


落ちてくれば明るくなるのです。


ゆえに最近求められているカラーは色持ちが良いものが求められているんだと思っています。

特にアッシュやグレーが大流行なので顕著です。


寒色系ははやりの外国人風にもでき、人気のお色ですが色素一粒一粒の分子量が小さいのです。

レッドやブラウンなどの暖色系は粒が大きく抜けづらいです。


わかりにくいですが図のようなイメージです!(僕が書きましたw)


粒が細かいとなぜダメなん?


当然の疑問ですよね


粒が細かいと単純に色素が簡単に外に出やすいということ。

小さなキューティクルの隙間からもでれるので暖色に比べると色持ちが悪くなるのです。



実際にモデルさんで見てみると、

色が落ちてくるとこのように赤みを帯びてキンキンしてくると思います、日本人に多い髪質です。


ここにアッシュやマット、はたまたグレージュなど思いっきり寒色系をガツンといれるのが近頃のセオリー

別の方ですが、もろに寒色をだしたカラーリングです。

綺麗ですね(⌒▽⌒)


もちろんこれこれでOK!

でも今回はお色持ちを重視しますので、ここにブラウンをミックスします。

アッシュブラウンを作り込んでいきます。


まあ、ブラウンを足せばいいのですが

アッシュはちょびっと違ってます。


ここで詳細を載せても謎だと思いますので割愛


仕上がりはこちら☆


赤みが出ないように気をつけながらカラー剤選定をしてアッシュブラウンに♪


いかがでしょうか?


ブラウンミックスで調合してもしっかりと赤みを抑え、寒色をき引き立てるようになってますね!


明るさをそんなに変えなくても発色よくできます( *`ω´)

色素の粒が少し大きくなっているようなイメージですかね?


色持ちの注意点

よく勘違いしやすいのが

色が落ちるまでの期間が長くなる

ということなんです。


長く楽しめるカラーリング♪それがブラウンミックスなんですね♪♪


人それぞれオーダーが違うのでカウンセリングで合うものを提案させていただいています(^ ^)

赤・黄・青

マスターしているのでなんでも基本お任せでOKです!


ご相談ください(^ ^)


スタッフブログ

スタッフブログ

Written by:

シークレットブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スタッフブログは、こんな記事も書いています。

  • 2017年秋、オススメ暗髪カラーショート4選

    2017年秋、オススメ暗髪カラーショート4選

  • 求人募集のお知らせ

    求人募集のお知らせ

  • 2017 花火大会ガイド

    2017 花火大会ガイド

  • 巻き髪とストレートスタイルの違い

    巻き髪とストレートスタイルの違い

  • そもそもレイヤーとは?

    そもそもレイヤーとは?

  • ハリネズミも薄毛になる??

    ハリネズミも薄毛になる??

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス