ホーム>スタッフ>ノンシリコンとシリコンの違い

ノンシリコンとシリコンの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
ノンシリコンとシリコンの違い

コンバンワ


本日もこの時間がやってまいりました。


今日は、簡単にシリコンとノンシリコンについて書いていきます。


世間ではノンシリコンノンシリコンノンシリコンと


最近良く聞くこのワード


シャンプーなんかに含まれている成分ですね。


世間では、ノンシリコンがいいと言われていますが、果たしてどーなのか。


答えとしては、、、、、


一概には言えません。


確かにノンシリコンは、頭皮環境にはとても良いです。


ただ、人によってはパサついたりきしんでしまう方もいらっしゃいます。


なぜ、きしむか。


そう。


シリコンが入っていないからです。。。。


シリコンにも、いろいろありますが、基本的には

コーティング剤です。指通りを良くしツヤを出してくれます。

シリコンも全てが悪いわけでは、ありません。


シリコンにもこう言ったメリットは、あります。


ただ、物によってはこのコーティング剤が強すぎて


パーマのかかりが悪かったり、カラーの入りが悪いなんてことにもつながります。


市販のものに多いかもしれません。

また、ノンシリコンと記載されているもので

使ってみてすごいサラサラになるものがあったら

少し疑ってみてもいいかもしれません。

もしかしたらシリコンとは別の皮膜材が入ってる可能性があります。

特に安値のものは、可能性が高いかもです。


そういった面では、値段も一つの判断になる場合もあります。


ノンシリコンとシリコン入りどちらも。メリットとデメリットがあるため

どっちがいいかは、髪質次第ですね。


シャンプー、トリートメントなど

行きつけの美容師さんと相談するのが良いかもしれませんね。


補足ですが、基本的に市販のシャンプーなどは

めっちゃ洗うか、めっちゃ弱いかの二択です。

正直、毛髪、頭皮には、あまりよろしくはありません。


スタッフブログ

スタッフブログ

Written by:

シークレットブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スタッフブログは、こんな記事も書いています。

  • グラデーションカラーのやり方とショートからロングまで

    グラデーションカラーのやり方とショートからロングまで

  • ハイライトカラーで失敗しない入れ方とオーダー方法とヘアカタログを有名美容師が徹底解説

    ハイライトカラーで失敗しない入れ方とオーダー方法とヘアカタログを有名美容師が徹底解説

  • 外国人風へカラーメッシュの入れ方

    外国人風へカラーメッシュの入れ方

  • 外国人風カラーイライトデザインの作り方

    外国人風カラーイライトデザインの作り方

  • 働いてる方でも楽しめるブリーチカラー

    働いてる方でも楽しめるブリーチカラー

  • ブリーチでつくる秋冬カラーデザイン

    ブリーチでつくる秋冬カラーデザイン

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス