ホーム>パーマ>ロング>パーマをロングヘアーで若々しくかけるオーダー方法

パーマをロングヘアーで若々しくかけるオーダー方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
パーマをロングヘアーで若々しくかけるオーダー方法

パーマをロングヘアーで若々しくかけるオーダー方法


パーマをかけたいけど、くるくるっとなって老けて見えてしまうのは嫌だ。

それでも動きは出したいし、柔らかい雰囲気にしたい!


パーマをかけて今まで失敗してしまって、老けた印象になってしまった方や、そうなりそうで怖い方は多いと思いますが、パーマは効果的に使ってあげると、動きとボリュームが出て、若々しく柔らかい印象にすることができるんです。

今回は、そんな柔らかいパーマをかけるときの注意点と、オーダー方法についてご紹介します。


パーマをかける上で注意すべきポイント

・強くかけすぎない

⇨強くかけすぎると髪の毛がくるっとリッジの強いパーマになってしまうので、おばさんっぽい老けた印象になってしまいます。

・高い位置からかけない

⇨あまり高い位置からパーマをかけてしまうと、髪の毛が広がって頭が大きく見えてしまうので注意が必要です。

・全てを一方方向に巻いてしまう

⇨カールがまとまってコロンとした塊になると、古い印象になってしまいます。


以上のことをふまえた上で、スタイル選びをすると、ご自身にあったスタイルを探し出せるんじゃないかと思います。

それでは、サロンでのオーダーの方法についてご紹介します。

まず、ロングスタイルのパーマをかける上でのオーダーのポイントについてです。


・耳下からボリュームが出るようにパーマをかける

⇨少し全体に重さを残し、頰の横にボリュームが出るようにしてあげると、全体のシルエットが綺麗になります。

・大きく緩く、丸く、パーマをかけてあげる

⇨今流行りの、ふるふわ、ナチュラルなパーマは緩めに、カールは大きくかけてあげることで作りすぎてないナチュラルな雰囲気のパーマスタイルになります。

・前髪を作る

⇨前髪を作るとトップにボリュームが出て、分け目も気になりにくくなるので、若く見せる方法としてはおすすめです。前髪にパーマをかけると2ヶ月経っても前髪が邪魔にならないのでおすすめです。


パーマは老けてしまうんじゃないかと不安を持つお客様も多いですが、パーマには動きが出せて、ボリュームを出してふわっと柔らかい印象にできる魅力がありますので、ぜひ、以上のことを参考にしてみてください。

美容室に行っても、いつも思うように自分のなりたいイメージを伝えられない方が多いので、

美容室でのオーダーの仕方を参考にしていただくと、なりたいイメージを美容師さんと共有することができると思います。

Secretでは、自社のスタイル掲載サイトでブックマーク機能があるので、そこにお好きなスタイルを数体セレクトしておくとイメージの共有もしやすく、いつもよりもスムーズにご自身の思い通りのスタイルになりやすくなると思いますので参考にしてみてください。


スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

    丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

  • 面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

    面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

    小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

  • 2017年代秋冬オススメショート5選

    2017年代秋冬オススメショート5選

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス