ホーム>パーマ>直毛の人にもおすすめのゆるくルーズなパーマ

直毛の人にもおすすめのゆるくルーズなパーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
直毛の人にもおすすめのゆるくルーズなパーマ

ゆるくルーズにパーマをかけるってなかなか難しいですね。パーマをかける理由として

・ボリューム感が欲しい

・スタイリングを楽にしたい

・やわらかい印象の髪型にしたい

・巻いてもすぐにとれてしまう

などがあげられると思います。直毛というのが悩みでパーマをかけることが多いですね。その中でも一番多いのがすぐにパーマが取れてしまう。ということをお客様からよくお話いただきます。

画像のような最近のトレンドのゆるいウェーブのようなパーマをかけたいけどそうするとすぐにパーマが取れてしまうから少し強めにかけたい。確かに画像のウェーブ感をパーマで再現するのはなかんか難しいです。先ほども言ったように直毛の人場合かかっていないような感じになったりすぐに取れてしまったりと美容師側もお客様側も再現するのはなかなか難しいです。


そこで僕が提案したいのは根元から中間にはパーマはかけず毛先にのみかけるパーマです。



毛先のみにパーマをかけるイメージとして内巻きワンカールのパーマが多いです。パーマのかけ方的にも同じかけ方でやっていきます。違うのはワンカールで止めずにもう少し巻き込んで毛先より少し上からパーマをかけるという方法です。

文章だと伝わりにくいのですがこの人の場合顎の下くらいまで巻き込んで顎下からパーマをかけるイメージです。

そうすると顎より上はストレートに。

顎より下からはパーマに。という髪型が完成します。そこにスタイリングで根元の方をゆるくコテで巻いたりすれば完成です。

毛先からパーマをかける事でアゴに行くにしたがってパーマのかかりもだんだんゆるくなります。なのでかけていないストレート部分との馴染みもよく自然にゆるいパーマがかけれるというわけです。

よくスタイリングが楽になりそうだからパーマをかけたいという話を聞きます。しかし本当はパーマをかけたからこそしっかりとスタイリングした方が良いです。パーマをかけた分やはりダメージを負っています。そして何もしていない時とパーマをかけた時ではパーマをかけた時の方がパサつきが気になると思います。

スタイリング剤をつけるだけでも見た目のキレイさは格段に変わってきます。

コテなどで巻いたら自分のやりたかった髪型への再現性もさらに高まります。

なのでパーマをかけてそのままではなく、しっかりスタイリングをしてケアをしながら自分のなりたい髪型に近づいて頂けたら嬉しいです。


HIroka

HIroka

Written by:

新規指名NO1美容師になりましたw指名予約でどうぞ♪

【価格】ではなく、お家に帰って鏡を見るたびに気分が良くなるような【技術】と早く美容室に行きたい!と思ってもらえるような居心地の良い空間作り等、美容室としての【価値】でお客様に喜んでいただけるような美容師でありたいと思っています!

大切な髪の毛を一生任せたい。髪の毛もキレイにしたいけどひろかと話しに行こうかな!と言ってもらえるような関係になれると嬉しいです♪

あなたの毎日にキラキラ☆の魔法を。。。

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

HIrokaは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔さんを小顔に見せるミディアムパーマスタイル

    丸顔さんを小顔に見せるミディアムパーマスタイル

  • 丸顔ボブでも似合う髪型と芸能人まねっこヘア

    丸顔ボブでも似合う髪型と芸能人まねっこヘア

  • 面長の男子でも似合う髪型と注意する3つのポイント

    面長の男子でも似合う髪型と注意する3つのポイント

  • 黒髪でも重くならない透明感があるブラックヘアを集めて見ました

    黒髪でも重くならない透明感があるブラックヘアを集めて見ました

  • 黒染めした後のカラーリング

    黒染めした後のカラーリング

  • 前髪の印象でこんなに違うのか!人気バングをしれば自分に似合う前髪を見つけよう

    前髪の印象でこんなに違うのか!人気バングをしれば自分に似合う前髪を見つけよう

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス