>>

よく聞くパーマの失敗とは?

2017/04/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
よく聞くパーマの失敗とは?

パーマで失敗されたお話はよく聞きます。


・パーマがかからなかった。


・毛先が痛んでゴワゴワになった、チリチリになった。


大きく分けるとこの2つに分けられると思います。




パーマがかからなかった


この原因としては、

薬剤選定ミス、ロッド選定ミス、放置時間選定ミス

もともとダメージがひどかった など


それと、やはりかかりづらい髪質の方もいます。

すごい直毛の方、すごい細毛の方 など


最近は薬剤の進化や機材の進化で昔ほどかからないというのはなくなってきてると思います。


ブリーチでもパーマをかけれる時代になってきましたからね。(ダメージレベルによりますけど。)


毛先が痛んでゴワゴワになった、チリチリになった


これは、もう美容師側がほぼ悪くなってきますね。


毛髪診断ミス、薬剤選定ミス、放置時間ミス


かからなかった場合とまた違ってきて、ダメージを与えてしまったわけですから、


直して行くのに、どうしても時間がかかってしまいます。


・毛髪診断ミス

 髪質を見極めるのは実は非常に難しいです。

一人一人、髪質が違うわけですから、様々な髪質に触れて経験して行かないと分からないと思います。

ここで判断を間違うと失敗に繋がります。全てここで決まってしまうのです。





secretはパーマが得意なサロンと認識されているみたいです。 


ありがとうございます!!!


そのことから、他店で失敗されてご来店される方も少なくありません。


カウンセリングさせてもらうとパーマがかかってる、かかっていない関係なしに、


ゴワゴワやチリチリになってダメージレベルが高い方が多いですね。


「じゃーかけ直しましょうか!」と、すんなり行かないのが現実です。


これからのスタイルはどうして行きたいのか、しっかり話し合い決めて行きましょう。


これ以上は痛ませたくないって言うのが正直な思いです。


髪の状態を良くしていくのを最優先にした方が後々のことを考えると良いんではないでしょうか。


カットやカラーも同じなのですが、1度失敗してしまった施術を直して行くのは非常に難しいものがあります。


2回、3回と繰り返していき、やっと良くなってきたパターンが多いですね。


ちょっと時間はかかるかもしれませんが、髪は女性の命ですから


一緒に綺麗な髪を取り戻しましょう!


鈴木 一哉


鈴木 一哉

鈴木 一哉

Written by: 鈴木 一哉
秋田から来ました! 鈴木一哉です!   電車も通ってない雪深い山の中で育った来ました。 お米を作っています。 きりたんぽは好きですが、そんなに食べません。 父の実家は茅葺き屋根です! かまくら作り放題です!   などなど、秋田話はつきませんが、       母が美容師だったため、小さい頃から母の仕事を見てきてました。実家の一部が美容室という田舎にはありがちなお店でした。 『美容師になりた...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

鈴木 一哉は、こんな記事も書いています。

  • デジタルパーマを上手にかける方法

    デジタルパーマを上手にかける方法

  • カットでまとまりのあるスタイルに

    カットでまとまりのあるスタイルに

  • 頭の丸みを手に入れる方法

    頭の丸みを手に入れる方法

  • 爽やかメンズスタイルは前髪?襟足?をスッキリさせる

    爽やかメンズスタイルは前髪?襟足?をスッキリさせる

  • 風になびく綺麗なさらつや髪にするには

    風になびく綺麗なさらつや髪にするには

  • 髪もお肌も季節関係なしに紫外線から守る〜早すぎることのないUVケア〜

    髪もお肌も季節関係なしに紫外線から守る〜早すぎることのないUVケア〜

カテゴリー


美容院専用ホームページサービス