ホーム>髪型>ロング>セミロングのオーダー正解

セミロングのオーダー正解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
セミロングのオーダー正解

セミロンググのオーダー正解


お客様のご希望

・大人しくみえがちな長さなので、華やかさを出したい

・長さがある分、動きがでにくいので動きのあるメリハリがきいたスタイルにしたい

・普段結ぶことが多いので、結んでも素敵なスタイルにしたい


長さがあるので動きがつけにくく、のっぺりとして地味になりがちな。また。動きをだしたくてもレイヤーの入れる高さを考えないと頭が大きく見えたりとそんなお悩みが目立ちやすい髪型です。

そんなお悩みを解決してくれるのが、やや重めに仕上げたAラインシルエットのパーマスタイル♫


セミロングスタイルの注意点

・動きを出したいからいって、高い位置にレイヤーを入れすぎない

⇨頭が大きく見えたり、毛先がスカスカになってパサついて見える可能性が大きい

・耳ラインから下にボリュームをもってくる

⇨横に膨らみすぎて頭が大きくみえてしまったり、、メリハリのないスタイルになりやすい

・顔周りの毛を短くしすぎない

⇨結んだ時に落ちてきてしまうと面倒なので、結ぶことを考えた上で長さの設定をする


以上のことを意識してあげるだけで、セミロングスタイルでもメリハリのあるぼてっとしていない柔らかい重軽な質感のスタイルにすることができます。


ですが、サロンに行くといつもうまくなりたいスタイルを伝えられない。そんな悩みの方でも簡単に伝えられるオーダー方法をご紹介します。

・顔周りの髪の毛は顔を包みこむようなに内巻きに自然と入ってくるように。

⇨顔周りを包み込む髪の毛があると優しい印象になったり。顔と髪の毛の間に奥行きが生まれるため小顔にみえる効果があります。

・中間をくびれさせてシルエット

⇨レイヤーを高めに入れるのは一昔前の話。。今は少し低めにいれてくびれさせることでメリハリのあるスタイルにしてあげることが大切です。

・毛先には、厚みを残す。

⇨毛先がスカスカだと傷みやすく貧相に見られがち。動きを出したくても毛先には厚みを残してあげることでツヤ感と柔らかさを柔らかさを表現してくれます。

・普段結ぶため結んだ時に髪の毛が落ちないようにしてほしい

顔まわりを短くしすぎてしまうと後ろで一束にした時にポロポロと髪の毛が落ちてしまいピンでとめるはねめになります。手間がかかってしまうので顔周りを短くしすぎないようにしましょう。


美容室に行っていつも思うように自分のなりたいイメージを伝えられない方が多いと思います。

美容室でもオーダーの仕方を参考にしていただいて、美容師さんに伝えてみてください。

きっといつもよりもスムーズにご自身の思い通りのスタイルになりやすくなると思いますので参考にしてみてください。

スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

    丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

  • 面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

    面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

    小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

  • 2017年代秋冬オススメショート5選

    2017年代秋冬オススメショート5選

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス