ホーム>髪型>割れる前髪の乾かし方

割れる前髪の乾かし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
割れる前髪の乾かし方

割れる前髪の乾かし方


美容院でカットしてもらった時は綺麗に流れているのに、実際、家でスタイリングしてみたら、全然思うようにならなかった。。

そんな思いをした方に向けて、前髪を自分で簡単に流す方法をご紹介します。


今回は、前髪が、生えグセでパカっと割れてしまった時の対処法です。


前髪の生えグセが強くて二つに割れてしまったり、勝手に分かれてしまったり。そんなお悩みをお客様からよくお聞きします。

では、まず、はじめにどうして前髪が割れてしまうのか、原因をご紹介します。


前髪が割れるげ原因とは?

前髪が割れてしまう一番の原因は『生えグセ』にあります。

生えグセとは、顔まわり、襟足に一番強く出やすいので、髪型のシルエットを決めるうえで生えグセとは向き合っていかなくてはなりません。

その生えグセを修正できる瞬間があるのですが、その瞬間とは

お風呂上がりだったり、髪の毛が根元までビチョビチョの状態で初めて生えグセを治せる状況なのです。根元がカラカラに、乾いてる状態だと、どんなに頑張っても生えグセを直すことはできないので、生えグセの気になる箇所は一番初めに乾かしていきましょう。


生えグセの直し方

1、まず初めに、朝起きてスタイリングする際に、根元をしっかりとぬらしましょう。

水スプレーかまたは、手で水を根元につけて濡らしてください。

前髪が分かれてしまう部分を、よく濡らすことがポイントです。


2、生えグセを見て前髪が別れている方向とは、逆方向に引っ張りながら、クセを伸ばすようにドライイヤーの熱を根元付近にあてます。痛くない程度に引っ張ります。


3、8割ほど乾いたら今度は流したい方向とは逆方向にひっぱりながら根元を乾かします。そして左右に擦りながら前髪がまっすぐ下におりるように前にひっぱります。


4、全体的に乾かしたら最後は冷風を使って、くしで前髪を通して面を整えると、ツヤのある前髪の完成です。


最後に、どうしても朝、ドライで生えグセを直しても日中に、割れてしまう方は、根元の生えグセをとったら、割れやすい箇所の根元付近にハードスプレーを軽く吹きかけます。そうすると修正された生えグセをキープしてくれるので1日前髪が割れないでいられます。


以上が割れやすい前髪のかわし方になりますので、是非いつも、前髪が割れて困っている方は試してみてください。



スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

    丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

  • 面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

    面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

    小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

  • 2017年代秋冬オススメショート5選

    2017年代秋冬オススメショート5選

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス