ホーム>髪型>自然乾燥の方必見

自然乾燥の方必見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自然乾燥の方必見

この記事を読むのに必要な時間は約2分です。

ドライヤーの重要度

髪を洗ってから乾かす人、自然乾燥の人様々な人がいると思います。しかしどんなに時間が無くてもロングヘアで乾かすのに時間がかかる人でも絶対的に髪の毛は乾かした方がいいです。自然乾燥は髪がすごく痛むというのは有名だと思います。[私は髪の毛が強いから大丈夫。あまり痛まない。]などの理由で乾かさない方がいるんでは無いでしょうか?しかし髪を乾かさないことは痛む、痛まないだけの問題では無いです。

髪をしっかり乾かさないと菌が繁殖する

髪を乾かさないで寝てしまったりすると湿度など菌が繁殖しやすい状態になります。洗った洗濯物を干すのを忘れてしまったなどで洗濯機の中に長時間放置してしまったなどの経験はないでしょうか?そうすると洗濯物は臭くなったりしますよね。雑菌が繁殖しているからです。髪も同じで雑菌の繁殖により頭が臭くなったり、最悪髪の毛にカビが生えたりします。なので髪を洗ったり濡らした場合、絶対にすぐに乾かした方がいいです。

ドライヤーのメリット

・濡れている状態で放置せずすぐに乾かすことにより雑菌の繁殖はなくなる。

・自然乾燥による痛みを避けられる。

髪が濡れている状態はキューティクルが開いている状態になります。それは髪にとっては非常に不安定な状態です。濡れている状態で強くこすったり過度な刺激を与えるとダメージの原因になります。そんな開いているキューティクルを閉じ、整えるためにもドライヤーを使ってしっかり乾かしましょう。

ドライヤーの使い方

キューティクルは根元から毛先に向かってドライヤーの熱を与えることでキレイに整います。それも意識しつつ乾かしていきます。

まずは根元の生えグセを無くすのと立ち上げるように根元から乾かします。根元を乾かす時は様々な方向から乾かします。そうする事で根元が立ち上がります。根元から乾かしていくのがポイントです。ある程度(8割位)乾いたら毛先を乾かしていきます。ストレートスタイルにしたい人は少し引っ張りながら乾かします。パーマスタイルの人はあまり引っ張らずにふんわり乾かすのがポイントです。毛先を内巻きにクルクルしながら乾かすのが良いと思います。

全体的に乾いたらドライヤーの冷風で髪を冷まします。髪は熱を加えて冷ます事で形が付きます。自分のしたいスタイリングにある程度してから冷風で冷ます事で1日の持続力も変わってきます。艶も出ます。ドライヤーは髪にとってかなり大切なものです。しっかり正しい使い方で使ってあげましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー