ホーム>似合う髪型>巻いてスタイリングした髪がキープできない原因と対策

巻いてスタイリングした髪がキープできない原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
巻いてスタイリングした髪がキープできない原因と対策

最近なかなか天気がよくならず雨の日が続いていますね。寒いです。急に寒くなってしまいました。雨の日が多いですね。直毛の人で毎朝、コテで巻いてる人はただでさえ晴れていても巻きが取れてしまうのに雨の日なんて湿気のせいで家からでた瞬間にとれてしまうなんてお話をよく聞きます。そこで今回はちょうど雨の日も続いているということで巻き髪をなるべくキープさせようの会を始めようと思います。

そもそもなんで巻きが取れてしまうのか原因から考えて見ていこうと思います。

【巻きが取れてしまう原因】

《原因①》

ロングで多いのは乾いたと思っているけどしっかり乾ききっていないパターン。

朝の時間は忙しいから乾ききっていないのにそのままスタイリングしてしまう、乾いたと思ったけど実は乾いていなかった。などなど、、、

しっかり乾かさないのは自ら雨の状況を作ってしまってるという。乾いていない分、湿気で巻きが取れてしまいます。巻き髪にとっての一番の天敵は水分です。絶対にしっかり乾ききるまで乾かしましょう。

《原因②》

せっかく巻いたのにスタイリング剤をつけないパターン。

ベトベトするのがあまり好きではないからつけないなど。しかしキープするためにはやはりキープ力のあるスタイリング剤が必要です。

ただし髪質などでのスタイリング剤選びも重要になってきます。

ふわっと軽い質感でスタイリングしたい人や髪の毛が細いのいに油分多めのスタイリング剤を使ってしまったら重くなって逆効果にになってしまいます。ワックスなどの油分の多いスタイリング剤ではなくスプレータイプの軽い質感のスタイリング剤がオススメです。

あともう一つ巻く前につけるベーススタイリング剤。スタイリング剤はつけているけどカールが落ちてしまうという方にオススメです。より長持ちできます。

《原因③》

巻き方自体に問題があるパターン。

時間がないために大雑把に巻いたりなど巻くパネルが大きくなればなるほどゆるく巻かれるため物理的に取れやすくなります。細かく巻けば巻くほどカールはきつく巻かれるためその分持ちもよくなります。

アイロンの温度設定。アイロンの温度を低温で巻くのは髪質にもよりますが髪に十分に温度が与えられないため巻きがゆるくなってしまいます。180℃くらいの温度でしっかりと髪に熱を加えて巻くようにしましょう。熱の当てすぎはダメージにつながるのでそこは注意が必要です。

《原因④》

今の髪型でカールが取れてしまうパターン。

あまり段の入っていないヘアスタイルは髪自体の重みでカールが取れやすくなってしまいます。段を入れたヘアスタイルか巻き方をワンカールに巻くのがオススメです。

《原因⑤》

もともとの髪質がストレート毛すぎてカールしずらかったり巻いてもすぐに取れてしまうパターン。

超直毛の人はやっぱりパーマをかけるのが1番です。しかし直毛すぎるとなかなかパーマの係りも悪かったり持ちも悪い事が多いです。しかしパーマをかけ続けていく事でかかりやすくなったりするので諦めずにかけましょう。

取れかけのパーマにコテでカール感をつける事でパーマのクセが付いているので格段に持ちもよくなります。


これらのポイントを抑えてやっていけば必ず今までより巻いたスタイルをキープできます。手間をかけてやればキレイな状態を保てます。ぜひ忙しくてもやってみてください。


服部 隼大

服部 隼大

Written by:

傷ませない技術を常に心掛けて薬剤選定からこだわっています。一緒に美しい髪を目指しましょう

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

服部 隼大は、こんな記事も書いています。

  • 今、暗髪アッシュカラーがかわいい

    今、暗髪アッシュカラーがかわいい

  • 丁度いい長さで万能な髪型ミディアムヘア。髪型に迷った時のミディアムヘア紹介

    丁度いい長さで万能な髪型ミディアムヘア。髪型に迷った時のミディアムヘア紹介

  • ナチュラルがかわいい!オトナ女子の長さ別ナチュラルヘアスタイル

    ナチュラルがかわいい!オトナ女子の長さ別ナチュラルヘアスタイル

  • 朝が忙しい女性のための究極のスタイリング。ワンカール!

    朝が忙しい女性のための究極のスタイリング。ワンカール!

  • 巻いてスタイリングした髪がキープできない原因と対策

    巻いてスタイリングした髪がキープできない原因と対策

  • 秋冬暗めダブルカラーでイメージチェンジ

    秋冬暗めダブルカラーでイメージチェンジ

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス