ホーム>似合う髪型>一番楽なスタイルって何?長さ別のメリットデメリット

一番楽なスタイルって何?長さ別のメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
一番楽なスタイルって何?長さ別のメリットデメリット

スタイリングが楽なスタイルって結局どんなスタイル?


みなさん誰もが朝からスタイリングをする手間をなくしたいと考えている方が多いですよね。朝はどうしても時間がなかったり、できるだけ長く寝たかったり、手間をかけたくないと思います。手間をかけずに急なスタイルでいられたら最高ですよね。今回は長さ別でお手入れが楽なスタイルとメリット、デメリットをご紹介致します。ぜひしたい長さで、楽だけど可愛いスタイルを見つけて下さい!


ショートスタイルのメリットデメリット

メリット
・なんといってもシャンプーとドライヤーが楽。ロングの方だと30分ドライヤーしないと乾かないところが5分で乾く。
・オシャレ感が抜群
・ダメージが気にならない
・夏だと涼しく、冬だとマフラーとの相性が良い
・ピアスがすごく映える

デメリット
・スタイルをキープするには頻繁にカットする必要がある。ショートだと1ヶ月半を目安にカットした方がいいと思います。
・寝癖がつきやすい
・上手な美容師さんにカットしてもらうことが必須


ショートボブスタイルのメリットデメリット

メリット
・ショートより似合いやすい
・乾かすのが楽
・伸びてきてもショートより気になりにくい
・トップがふんわりしやすい

デメリット
・くせ毛の方は縮毛矯正をかけないと広がりやすい
・上手な美容師さんにカットしてもらうことが必須
・カラーリングをしないと重たく見えやすい

ボブスタイルのメリットデメリット

メリット
・スタイリングが楽
・どんな顔型の人でも前髪さえ合うようにしたら似合いやすい

デメリット
・現在ではボブの人が多いため人とかぶりやすい
・生えグセによってはパーマをかける、アイロンで巻く、ブローをしないとはねてしまう。
日本人の生えグセは右側がはねてしまう方が多いです。スタイリングやパーマが面倒な方は耳にかけると目立たなくていいでしょう。


ミディアムスタイルのメリットデメリット

メリット
・誰でも似合いやすい
・アレンジするのに可愛い長さ
・失敗が少ない

デメリット
・ダメージが気になる長さ
・肩にあたってはねやすい
はねてしまう人はパーマやアイロンでスタイリングをするか、アレンジで結んだりするといいでしょう。

ロングスタイルのメリットデメリット

メリット
・女性らしくなれる
・いろいろな種類のアレンジができる

デメリット
・ドライヤーが時間かかる
・夏は暑い
・ダメージがひどくなり枝毛や切れ毛が気になる
・トリートメントなどのお手入れが必要



それぞれの長さに多少なりともメリット、デメリットはあります。お客様それぞれが何を一番優先したいのかで楽なスタイルは変わってくると思います。自分の一番楽なスタイルを見つけ、楽して可愛くなって下さい。


小東 ありさ

小東 ありさ

Written by:

趣味は 食べ歩き.旅行.映画.料理.
20歳まで地元熊本で過ごし、就職で東京に出てきました。
青山のサロンの経験を経てsecretに入社しました。
幼い頃からくせ毛に悩み誰よりも髪の悩みが分かると自負しております。なので施術もまっすぐなりすぎない自然に毛先が丸くなるストーレートパーマを得意としてます。


趣味は海外旅行と、食べ歩きです。海外はアジア、ヨーロッパ、アメリカなど幅広く行っています。海の綺麗な所に行くとスキューバーダイビングもします!
食べ歩きは東京各所美味しい物を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

小東 ありさは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔女性に似合う髪型とは?おすすめの髪型特集

    丸顔女性に似合う髪型とは?おすすめの髪型特集

  • ロブの髪型とはどんな髪型?おすすめの可愛いロブ特集

    ロブの髪型とはどんな髪型?おすすめの可愛いロブ特集

  • 若く見える髪型とは?老け顔女性におすすめの髪型特集!

    若く見える髪型とは?老け顔女性におすすめの髪型特集!

  • 面長女性にはパーマがおすすめ!気になる骨格をカバーできる髪型特集!

    面長女性にはパーマがおすすめ!気になる骨格をカバーできる髪型特集!

  • ボブ×パーマは可愛い

    ボブ×パーマは可愛い

  • グレージュにするにはハイライトがいい!傷めずに綺麗なグレージュにする方法とは?

    グレージュにするにはハイライトがいい!傷めずに綺麗なグレージュにする方法とは?

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス