ホーム>ヘアカラー>黒染めやトーンダウンのカラーは美容室でやった方がいいのか、??

黒染めやトーンダウンのカラーは美容室でやった方がいいのか、??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
黒染めやトーンダウンのカラーは美容室でやった方がいいのか、??

Q 黒染めやトーンダウンのカラーは美容室でやった方がいいのか、、??


A結論から言うと黒染めやトーンダウンこそ美容室でやるべきなのです!!
髪のダメージが気にならなく、カラスのような真っ黒でもよく、今後明るくする予定がないのなら市販のカラー剤を使ってもいいのですが、そんな方はまずいないと思います。
髪が過度のダメージでパサパサになるのがやだ!出来るだけ痛ませたくない!黒染めでも真っ黒はやだ!自然な黒にしたい!また近いうちに明るくしたい方がほとんどだと思います◎


・市販のカラーはサロンカラーに比べて痛みます。

市販のカラー剤は誰でも簡単に扱えるように美容室でで使われるカラー材よりアルカリ性が強く、色素も多く入っています。
プロの美容師は「このお客様は染まりにくそうだからもう少し濃い色をオンしよう!」などお客様の髪質や髪の状態などをみてカラーの薬剤を選定するのですが、それが素人さんが使っても太い髪や硬い髪も簡単に染まるように作られてるので必要以上のダメージを与えてしまう可能性があります。
その為、もともとダメージがある方や、髪が細くて柔らかい方が使うと傷んでしまうのは当然の事です。
カラー仕立てのころは良くても、時間が経っていくとすごくパサついてしまうというのも、ホームカラーの時は美容室でやる後処理、いわいるトリートメントができないのも一つですが、何より薬剤が強いのが原因です◎


次明るくする時に困ります!

市販の黒染めで染めると、次明るくする時に必ずムラになってしまいます。むしろ明るくならないかも知れません。
市販のカラーは誰でも簡単に綺麗に染まるように強くなっているので、色が入りすぎてしまうのいう現象に!
強く入りすぎた色素が髪に残りすぎてしまうのです!
次明るくするならブリーチでもしないと明るくならないと思った方が良いです◎
また何ヶ月か経過して色が抜けてくると、かなり赤みが強く出てしまって、、
「アッシュ系にしたいです!」などのオーダーはかなり難しくなってしまいます!


美容室の黒染め、トーンダウン

安心してください!不必要なダメージ、ムラ、色素が残りすぎてしまうことはまずありません!
次に明るくしたい時も無理なく染まるように染める前にしっかりとカウンセリングさせていただいています。
黒染め、トーンダウンダウンをする際に最も重要なのは黒くしたい期間がどれぐらいなのか、、


例〉看護学生で実習があるので、二週間だけ暗くしたいんです!

特に就職活動中の学生さんには多いですね!
美容室での黒染め、トーンダウンはその暗くしなければいけない期間に合わせて、カラーの薬剤の濃度や色味を調節することが可能です◎二週間だけ暗くしたいというオーダーに対して、二週間くらいで自然に色が抜けてきて明るくなっていくように調節することが可能です!


例〉内定が決まったら明るくしたい!!!

このオーダーだと少し長い期間になりますので、二ヶ月くらいで色が落ちるように調節して二ヶ月ごとにカラーリングに来てもらうという方法もあります!色素が残留しすぎないように調節して「内定が決まった!」という嬉しい報告のタイミングで明るくする事が可能です◎


スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

    丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

  • 面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

    面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

    小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

  • 2017年代秋冬オススメショート5選

    2017年代秋冬オススメショート5選

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス