ホーム>ヘアカラー>ロングヘアをカラー後、ショートカットにしたのですがカラーリングでロング料金をとられました。先にカラーリングをするメリットはあったのでしょうか?

ロングヘアをカラー後、ショートカットにしたのですがカラーリングでロング料金をとられました。先にカラーリングをするメリットはあったのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
ロングヘアをカラー後、ショートカットにしたのですがカラーリングでロング料金をとられました。先にカラーリングをするメリットはあったのでしょうか?

Qロングヘアをカラー後、ショートカットにしたのですがカラーリングでロング料金をとられました。先にカラーリングをするメリットはあったのでしょうか?

Aそのようなスタイルチェンジを行うのに、カラーリングを先に行うメリッットとはないかと思われます。美容師側のカウンセリングミスになりますので一度美容室に連絡をして相談してみることをおすすめします。お


Secretの場合

全て統一料金です。長さによって金額を変更する事は行っていませんのでご安心下さい。

長さの定義について
美容院でロング料金を取るところは少なくありません。ですが、一体どの長さからがロングなのかご存じでしょうか?また、ご自身が長さなのか把握していますか?

参考までに

ショートと言われる長さ:耳がでている唇くらいの長さ

ミディアム / ボブと言われる長さ:肩までの長さ

セミロングと言われる長さ:肩から胸上までの長さ

ロングと言われる長さ:肩甲骨からそれ以上の長さ


技術の順番の意味とは?


今回のようにカラーとカットだったら特にどちらが先の順番でも問題はありません。しかし、ロング料金がかかるような今回の場合は、先にカットをすればコスト(ロングの材料費代)がかからないで施術できたため、完全にカウンセリング不足による美容師側のミスなのかな?と思います。


パーマとカラーならどちらが先?

他にもカラーリングとパーマを同時に施術する際は、パーマ⇨カラーの順番が基本となります。
secretでは、基本的には同時施術はあまりおすすめはしていませんが、なかなか美容院にこれる機会が少なくまとめてやってしまいたい人の場合は髪の毛の状態を見てご相談の上、施術させていただいております。
メリットしては、まとめて同じ日にできる。パーマをかけた後でカラーをすれば色がしっかりと入って色落ちすることなく綺麗に染まります。
デメリットとしては、同時施術により期間をあけての施術よりも髪の毛が傷に負担がかかってしまう。これは髪の毛がまだ落ちついていない状態の時に、不安定なキューティクルを開いて、再度お薬を使用してしまう事によって、髪の毛により負担がかかってしまう。
カラー⇨パーマの順番にしてしまうと、きれいに染まっていた髪の毛が色が抜けて染めたての色よりも薄くなってしまいます。最終的な、カラーリングの色が自分の理想と異なる仕上がりになりやすいので注意が必要です。
secretでは、あらかじめ施術内容をしっかりと説明させていただいた上で施術させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

    丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

  • 面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

    面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

    小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

  • 2017年代秋冬オススメショート5選

    2017年代秋冬オススメショート5選

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス