ホーム>ヘアカラー>写真も見せたのにお願いした髪色にはならず。髪の傷みを配慮したらしいですが不満が残ります

写真も見せたのにお願いした髪色にはならず。髪の傷みを配慮したらしいですが不満が残ります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
写真も見せたのにお願いした髪色にはならず。髪の傷みを配慮したらしいですが不満が残ります

Q.写真も見せたのにお願いした髪色にはならず。髪の傷みを配慮したらしいですが不満が残ります


イメージ写真を持参したのですが、仕上がりが違いました。「髪の傷みを配慮した」との事ですが不満です。


A.シークレットでは「お直しメニュー」をご用意しています。施述してから1週間のご連絡であれば、お直しをさせて頂きます。ですが、デジタルパーマや縮毛矯正などの熱処理の工程が含まれる技術に関しては、髪の状態から判断させて頂く場合がございますので、担当デザイナーと良く相談の上でのお直しとさせて頂いております。ご了承下さいませ。


・シークレットの施述なら1週間以内のご連絡であればお直し致します。

シークレットでは、カット、カラー、パーマ、どのメニューでも1週間以内のご連絡であればお直しをする事が可能となっています。ですが、デジタルパーマや縮毛矯正などの熱処理の工程が含まれる技術に関しては、髪の状態から判断させて頂く場合がございますので、担当デザイナーと良く相談の上でのお直しとさせて頂いております。


・カウンセリングでイメージを共有するのが大切

シークレットでは、カウンセリング時には必ず、イメージの共有をする目的で、ヘアカタログやカラー見本などを用いてカウンセリングをする形にしております。「今よりも暗くしたい」「もっと明るくしたい」「赤くなりたくない」などのお悩みやご要望をきちんと把握して、的確なアドバイスとご提案をさせて頂く為です。しかし、全てのお客様が100%ご希望のカラーリングになるかというと、ご希望に添えない場合もございます。例えば、

「1週間前に黒染めで真っ黒にしたが、元の明るさに戻したい」


この様なご要望は1回のカラーリングでは大変、難しい施術になります。黒染めの色素が髪の内部にしっかり定着しているのを再び取り除くには、ブリーチで1度、色を抜かないと明るくする事は難しい状態になっています。ブリーチは時間を置くほどに色がどんどん明るくなる薬剤ですので、時間を置きすぎると黒染め前の色よりも明るくなる可能性がございます。


結論

シークレットでは、お客様のご要望に不満や不安が残らないように、事前にカウンセリングでイメージの共有をさせて頂いています。その際にメリット、デメリットや仕上がりイメージをお伝えし、ご了承を頂いた上で施述に入らさせて頂きます。万が一、仕上がりにご不明な点がございましたら、1週間以内のご連絡であればお直しさせて頂きます。ですが、デジタルパーマや縮毛矯正などの熱処理の工程が含まれる技術に関しては、髪の状態から判断させて頂く場合がございますので、担当デザイナーと良く相談の上でのお直しとさせて頂いております。


スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

    丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

  • 面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

    面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

    小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

  • 2017年代秋冬オススメショート5選

    2017年代秋冬オススメショート5選

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス