ホーム>ヘアカラー>市販のカラー剤でミルクティーブラウン色に染めました。でも誰も気がつかないほど変わっていません。染め方が悪かったのでしょうか?

市販のカラー剤でミルクティーブラウン色に染めました。でも誰も気がつかないほど変わっていません。染め方が悪かったのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
市販のカラー剤でミルクティーブラウン色に染めました。でも誰も気がつかないほど変わっていません。染め方が悪かったのでしょうか?

Q市販のカラー剤でミルクティーブラウン色に染めました。でも誰も気がつかないほど変わっていません。染め方が悪かったのでしょうか?

A市販のカラー剤はお客様の髪質に合わせた色味のお薬ではないため、市販のカラー剤で思い通りの色にするのは難しいかもしれません。



市販のカラー剤とは

まず利点としては


.低価格
.時間がかからない
.サロンに行かなくても良い
.好きなタイミングでできる


ですが美容師さんが市販のカラーリングをあまりおすすめしない理由はお薬の強さにあります。

美容院のカラーとの最大の違いは、お薬の強さを調節できるところです。
.市販のカラー剤は、明るくする必要がない場合でも強いお薬で染めてしまうので必要以上に、髪の毛が傷んでしまいます。
.色の種類に限りがあるため、お客様の髪の状態に合わせたカラーリングは困難になります。
.セルフカラーだとどうしても地肌にお薬をためてしまい、シャンプーのすすぎ不足などによって荒れてしまう。


髪の状態に合わせたカラーリングとは


人の髪の毛はもともともっている色味があり、それが大きくわけると赤みなのか黄色みなのかの二つにわかれます。見分け方として、基本的には、細毛で軟毛の方は、黄色。太毛で硬毛の方は、赤みの場合が多いです。今回のご希望の色はミルクティーブラウンなので、黄色味のカラーになります。そして、まったく染まらなかったとあるので、染まりにくい=太毛の可能性があるので、赤みもった髪質ということが考えられます。そうなると赤⇨黄色にしなければならないので一度、赤みを消すために、補色の緑を少し入れてあげる、またはブリーチをしてあげる必要があります。市販のものだと、髪の状態によって、パッケージ通り染まる時、または暗くなったり、明るくなったりしてしまいます。それはその時の髪の毛のコンディションによって左右されるものなので、一概にこの髪質の人はこうなる!とは言えません。なので、一定のクオリティを求める場合は、ご自宅でブリーチは美容師としてオススメできません。お客様のなりたい髪色にするために、的確なお客様の髪の毛の状態にあったカラーを選定できることが、美容院でカラーリングをする最大のメリットだと思われます。また、お薬の強さも調節できるので髪の毛にあまり負担をかけることなくカラーリングを楽しんでいただけます。
secretでは、ノーダメージのカラーリングもご用意しておりますので、ダメージが気になる方やロングであまり髪の毛を傷めたくない方におすすめです♫
お気軽にご相談ください。


スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

    丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

  • 面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

    面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

    小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

  • 2017年代秋冬オススメショート5選

    2017年代秋冬オススメショート5選

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス