>>

黒髪をほんのり明るく色を入れたいがカラートリートメントで色は入るか?

2016/02/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
黒髪をほんのり明るく色を入れたいがカラートリートメントで色は入るか?

黒髪をほんのり明るく色を入れたいがカラートリートメントで色は入るか?


Q黒髪をほんのり明るく色を入れたいの






ですが、カラートリートメントでも色は入りますか?


A残念ながらトリートメントカラーで黒髪に色を入れることはできません。黒い髪の毛に色を入れたい場合は、ブリーチ効果のあるお薬(おしゃれ染め)でしか染めることができません。


トリートメントカラーとは

トリートメントカラーとは半永久染毛料と呼ばれ、通常のカラーリングの時に、使うお薬は永久染毛料と呼ばれています。

半 永久染毛料とは、髪の毛を脱色することなく髪の毛に色素(酸性染料)が髪の内部まで浸透して染毛していきます。ヘアマニキュアの場合は一度の使用でしっか りと色が入りますが、カラーリンス、カラートリートメントの場合は、色素が髪の毛の表面から徐々に浸透していくので、何回か使用していくたびに色素が少し づつ定着していきます。

特徴としては

.ダメージがほぼ0

.カラーによるアレルギーがある方でも施術が可能

.染めた後、ギシギシにならずサラサラなままでいられる。

.簡単で手軽

.色持ちが13週間

.汗や雨などで色落ちすることがある

.脱色をしないため、元の色より明るくすることはできない。

.黒い髪の毛にはほぼ、効果がない

.ずっと染めていると普通のカラーが入りにくくなる。


今回のように、黒い髪のような色素がしっかりと入っている髪の毛の場合は、脱色効果のない、半永久染毛料(トリートメントカラー)のようなものを使ってもまったく色を入れることができません。

黒い画用紙に何色を乗せても黒いままなのと同じです。

髪の毛に色を入れる場合は、黒い画用紙を一度脱色(ブリーチ)効果のあるお薬で使用することでお好きな色を乗せることができます。

そのブリーチ効果のあるカラー剤がおしゃれ染め(永久染毛料)です。

永久染毛料の特徴とは

.髪の毛を明るく染めることができる

.一回の使用でしっかりと染まる

.色は約2ヶ月もつ

体質や肌状態によっては、かぶれてしまう可能性がある。

.染毛後は、ケアをしてあげないとゴワゴワになってしまう。

.髪の毛が痛む

などの特徴があげられます。

secretでは、お客様のご要望ご相談に対応できるように、好きな色に染められる永久染毛料やダメージがほとんどなく染色できる半永久染毛料のお薬をたくさん取り揃えております。

お気軽にご相談ください。

スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 面長でも似合う髪型ショートボブの似合わせの法則

    面長でも似合う髪型ショートボブの似合わせの法則

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 丸顔さんでも似合うショートボブの髪型

    丸顔さんでも似合うショートボブの髪型

  • 人気スタイルランキング 20

    人気スタイルランキング 20

  • パーマとデジタルパーマとの違いを知れば失敗しないパーマが手に入る!

    パーマとデジタルパーマとの違いを知れば失敗しないパーマが手に入る!

  • 人気ヘアスタイルランキング ロング

    人気ヘアスタイルランキング ロング

新着ヘアスタイル

カテゴリー


美容院専用ホームページサービス