ホーム>ヘアカラー>痛まないカラーはありませんか?水カラーやヘナやヘアマニキュアは痛まないと聞きます。違いが良く判りません。教えてください!

痛まないカラーはありませんか?水カラーやヘナやヘアマニキュアは痛まないと聞きます。違いが良く判りません。教えてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
痛まないカラーはありませんか?水カラーやヘナやヘアマニキュアは痛まないと聞きます。違いが良く判りません。教えてください!



Q,痛まないカラーはありませんか?水カラーやヘナ、ヘアマニキュアは痛まないと聞きます。違いが良く判りません。教えてください!



A.ヘナやヘアマニキュアには、通常のアルカリカラーと比べて、頭皮や髪の毛への負担は少なくなります。水のカラーに関しては、通常のカラー剤の使用するのと大きな違いはありません。今回は、カラー剤について詳しくご説明させて頂きますね。下記をご参考になさってください。



ヘナやヘアマニキュアはダメージが少ないの?

「頭皮が敏感なんです・・・。」「普通のカラー剤だとしみやすくて苦手なんです・・・。」『匂いが、、、』など、頭皮にカラーの薬剤がしみやすい方や敏感肌の方には、ヘナカラーやヘアマニキュアが向いていると良く言います。では、ヘナカラーとヘアマニキュアとは一体、どのような物なのでしょうか?


・ヘナのカラーリングとは・・・?

みなさんは、ミソハギ科という植物をご存知でしょうか?実はへナは、ミソハギ科の植物葉を乾燥させたものです。乾燥後、粉末にしてものは古くから使用されてきたハーブです。カラーリングではヘナ染料として使用されています。植物由来なので科学染料が入っていないのも特徴の1つです。自然の白髪染めとしては髪や頭皮にダメージを与えません。自宅でも簡単にセルフの施述ができます。仕上がりはハリとツヤのある仕上がりです。しかし、デメリットもあります。色落ちしやすく、色味が濃くなるまで何度か染める必要があります。また、黒髪を明るくする力はないので髪を明るくしたい方にはおすすめできません。仕上がりはオレンジ系や赤系に染まります。これは、白髪を隠す女性は最も嫌う色味の発色でもあります。あとは、パーマがかかりにくくなる場合もあるのでぜひ覚えておいてくださいね。


・ヘアマ二キュアとは・・・?

科学染料(発色剤)のジアミン成分が入っていないのが最大の特徴です!カラーリングのかぶれる原因は、『ジアミン』というお薬の可能性が非常に高いとされています。肌の弱い方は地肌がかぶれることがすく無く、安心してヘアカラーをすることができます。 髪にダメージをほとんど与えない作りになっていて、薬剤がキューティクルの傷んでいる部分に入り込んで髪を包んでコーティングするので、ツヤが出て、手触りも良くなります。近年、ヘアマニキュアの成分は向上してきているので髪の毛に弾力も出てツヤツヤになります。Secretのカラーリングもどうしてもかぶれる際は、ヘアマニュキアをご提案させて頂く時もあります。デメリットは、黒髪は茶色くなりません。特にへマニキュアは白髪の部分と茶色い部分しか染める事しかできず、地肌に着くと地肌が染まってしまうので、根元ギリギリから薬剤を塗布します。したがって仕上がりは1ミリ~2ミリほど染まらずに浮いてしまいまうのが最大の特徴です。自宅の鏡で髪を分けてよくみると薄ら染まりきれない時もあるので白髪が多い方にはあまりオススメはしません。通常のアルカリカラーより退色しやすくなっています。頻繁に白髪だけを染めている方、毛先の明るい部分を自毛に戻したい方などにオススメの施術方法です。


・水カラーリングとは・・・?

・マイナスイオンのスチームや気圧を取り入れてカラーリングしていく方法です。塩基カラー、ジャムカラーとも言われています。熱を一切加える事なく、スチームを使って髪の表面のキューティクルを開いて髪の内部に色素を浸透させていきます。通常の自然放置のカラーリングよりも、保湿性は水カラーの方が良いので頭皮に与えるダメージや髪の水分量を考えると水カラーの方が髪にとって安全性が高いといえそうです。しかし、もちろんデメリットもありますね。マイナスイオンを加えたからといって、カラー剤の中のアルカリ性が濃くなったり、酸性が濃くなる事もなく、使う薬剤は通常のカラーリングと同じものを使うので、大きな差はありません。




痛まないカラーは無い!?

たとえどんなカラー剤を使っても、カラーリングする事で髪には確実にダメージが起こります。カラーリング後も髪にアルカリ成分が残っている事(残留アルカリ)でその後も傷み続けてしまう事もあります。その残留アルカリを取り除いて、カラーリング後のダメージを抑える事ができるのがトリートメントです。カラーリング後にトリートメントをする事で残留アルカリを抑えるので必要以上のダメージを抑える事ができます。また、Secretでは、炭酸泉でアルカリを除去します。




結論・・・痛まないカラーはありませんか?というお答えは、通常のアルカリカラーより傷みづらいカラーはヘナやマニキュアです。ですが、明るくできない、色味の幅がない、などのデメリットがあります。水カラーは通常のアルカリカラーとさほど変わりはない為、希望のヘアカラーデザインに合わせてカラー剤を選んで頂きカラー施述後はトリートメントでアフターケアして、必要以上のダメージが残らないようにするのがポイントです。


お客様のライフワークや、年間を通したかラーリング、白髪やくせ毛と上手に向き合う為にご自身に合うカラーリングも覚えておいた方が良いと思い記載してみました。ぜひ、ご参考下さいね。カラーリングのメニューが分からない場合はSecretのデザイナーやスタッフにご相談くださいね。





スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

    丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

  • 面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

    面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

    小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

  • 2017年代秋冬オススメショート5選

    2017年代秋冬オススメショート5選

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス