ホーム>ヘアカラー>カラーをした日についたワックスや整髪料を洗い流したい。色落ちさせない方法は?

カラーをした日についたワックスや整髪料を洗い流したい。色落ちさせない方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
カラーをした日についたワックスや整髪料を洗い流したい。色落ちさせない方法は?


カラーをした日についたワックスや整髪料を、洗い流しても色落ちさせない方法について書いてみました。


Q.カラーリングした当日、どうしてもシャンプーする場合の色落ちを最小限に抑える方法はありませんか?


A.カラーリングをした日にワックスや整髪料が付いている場合は、お湯の温度はぬるめでシャンプーしてあげる事をオススメします。髪の毛はゴシゴシと強くし洗い過ぎたりせず、頭皮をマッサージする様に優しく揉み込む感じでシャンプーする事です。しっかりとお湯ですすいだ状態でシャンプーをしてあげる事も有効です。以上、数点気をつけてあげるだけでワックスなどの整髪料を洗い流しながら、且つ、色落ちも防ぎ、シャンプーができると思います。これは、ワックスや整髪料のみに関わらず、カラー施術をした数日後でも洗い方を注意するだけで大きく色を持たせてくれます。参考にしてください。



Q施述直後、または当日中にシャンプーをすると・・・?

カラーリングのみに限らず、パーマ、縮毛矯正、なども美容室に行った直後や当日は、すぐにシャンプーをしてしまうとカラーリングの退色が早まったり、パーマがダレてしまったり、縮毛矯正の伸びが悪くなってしまったり・・・といったリスクが起こってしまいます。


Qなぜ色味が落ちてしまうの?

カラーリングの仕組みは、薬剤で大きく膨らませた髪の中にカラーリングの色味の粒を入れるのがカラーリングの仕組みです。カラーリングをした日、当日に関してはまだ髪が膨らんでいる状態です。水に馴染みやすい状態になっていると考えられます。この状態では髪に入れたカラーの色味は不安定で、水だけで簡単に流れ出てしまいます。シャンプーはせずに空気中の酸素と触れ合わせる事で、髪の内部で酸化作用が進み、カラー剤の色味が定着するそうです。定着の目安時間は24時間〜48時間とされています。これは、諸説ありますが、抜けにくい色、抜けやすい色によって時間が大きく変わってくるようです。完全に空気酸化をする前にシャンプーしてしまえば、色はかなり落ちてしまうのでカラーリング後は、最低でも24時間の時間を空けて頂くと良いと思います。また、熱めのお湯も髪を膨潤させてカラーの色味を流れやすくしてしまうので、お湯の温度は37~38度を目安にぬるめで流す事をオススメいたします。


まとめ

カラーの色持ちを良くする方法は、カラー直後のシャンプーは控えて、最低でも24時間の時間を置いてあげる事で色味が定着し、持ちが良くなります。


カラーリング直後にどうしてもシャンプーしなくてはならない場合


・水に触れている時間を短くする事

・ぬるめのお湯(37~38度)で流す事

・力をゴシゴシと入れすぎずに優しく頭皮をマッサージするように洗う事


などに気をつけて、工夫をして頂く事で、美容室での仕上がりを長くキレイに保つ事ができます。ぜひ参考にして、素敵な髪のコンディションでいてくださいね。






スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

    丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

  • 面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

    面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

    小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

  • 2017年代秋冬オススメショート5選

    2017年代秋冬オススメショート5選

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス