ホーム>ヘアカラー>カラーリングすると翌日まで頭皮がヒリヒリしたりかゆくなったりします。どうしたかゆくならないようになりますか?

カラーリングすると翌日まで頭皮がヒリヒリしたりかゆくなったりします。どうしたかゆくならないようになりますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
カラーリングすると翌日まで頭皮がヒリヒリしたりかゆくなったりします。どうしたかゆくならないようになりますか?


Qカラーリングすると翌日まで頭皮がヒリヒリしたりかゆくなったりします。どうしたかゆくならないようになりますか?

Aまず肌が敏感な方は絶対にご自身でカラーリングをせずサロンに来ていただいて

サロンでカウンセリングさせていただいてからカラーリングすることをおすすめします。

肌が敏感な人にはなるべく刺激の少ないお薬など肌が敏感な人のためのカラーリング技術が美容院には用意されているからです

肌が敏感な人のためのカラーリング技術とは

まず初めに、そもそもかゆみの原因が

アレルギー性のものなのか

皮膚が敏感なため起こっている問題なのかで大きく変わってきます

見極める目安としては

●塗り始めにヒリヒリしてもだんだんおさまってきたら肌が敏感な状態にあるせいかもしれません

●かゆみが出た時&塗布後にヒリヒリが増してきたらアレルギー性を疑ったほうがいいと思います

アレルギー性の場合担当の美容師さん、あるいはお医者さんに相談してみてください。お薬を以前のものと変えるなど対策はたくさんあるのでご安心ください。

そしてアレルギー性ではなく前はしみたりかゆくなったりしなかったのに最近してしまっている人で考えれることは

1ホルモンバランス(妊娠)など、体に変化があった

2年齢的や問題により以前より、頭皮の油分の分泌量が少なくなってしまって乾燥してしまっている

3環境(夏の日差しなど)により頭皮が軽く炎症を起こしている

4風邪など免疫力が下がっている状態で、刺激を感じやすい、頭皮が染みやすい、かゆみを感じやすい状態になってしまっていた。

この4点が考えられます

その対策として

.事前にカウンセリングの時点、あるいは予約の時点で担当美容師さんにカラーリングでしみたり痒みが出た経験があったことを伝えておく

.頭皮の保護オイルを頭皮に塗ってからカラーリングをする

.生え際をカバーしてくれる保護クリームを塗ってからカラーリングをする

.地肌につかないようにカラーを塗布する

.初めにシャンプーをしない(余計に油分をとってしまわないため)

.夏場に直射日光を浴びないようにして帽子をかぶったり分け目を変えてあげる

そしてお客様自身でできる対処法としては

.心身ともに健康的な状態で来店する(風邪、寝不足は避ける

⇨免疫の低下を防ぐため

.美容院にいく前日からシャンプーはしない。スタイリング剤等ついている場合は毛先だけシャンプーもみこむように洗うだけにしておく。熱いお湯で洗ったりあまり強く地肌をすすいだりしない

⇨そうすることで、自分の皮脂がいい感じに頭皮の保護オイルとして広がってくれますので痛みや痒みの緩和に非常に効果的です。


スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • くせ毛でも似合うショートの髪型とは?[成功例つき]

    くせ毛でも似合うショートの髪型とは?[成功例つき]

  • ポイントパーマで動きとボリュームをだして楽に可愛くなれるパーマ

    ポイントパーマで動きとボリュームをだして楽に可愛くなれるパーマ

  • パーマがかからない?パーマの失敗の原因とは?

    パーマがかからない?パーマの失敗の原因とは?

  • [顔型別]前髪カットでかわいくなれる!前髪の悩みもすべて解決

    [顔型別]前髪カットでかわいくなれる!前髪の悩みもすべて解決

  • 20〜30代髪型に迷った方に人気のボブとは?ボブのデザインは後ろ姿で決まる!

    20〜30代髪型に迷った方に人気のボブとは?ボブのデザインは後ろ姿で決まる!

  • やっぱり可愛いのはショートボブ!髪型に迷った時に可愛いショートボブとは?

    やっぱり可愛いのはショートボブ!髪型に迷った時に可愛いショートボブとは?

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス