ホーム>ヘアカラー>何度もヘアカラーをして髪の毛がハゲてしまう事はありますか?

何度もヘアカラーをして髪の毛がハゲてしまう事はありますか?

2016/01/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
何度もヘアカラーをして髪の毛がハゲてしまう事はありますか?

何度もヘアカラーをして髪の毛がハゲてしまう事はありますか?


A.カラーリングのお薬が原因で髪の毛が薄くなってしまったり、髪の毛が細くなるというはあまり考えずらいと思います。


・ヘアカラーが原因で髪の毛がハゲてしまう?

・カラーリングのお薬が原因で髪の毛が薄くなってしまったり、髪の毛が細くなるというはあまり考えずらいと思います。カラーリングをする上で避けて通れないのはダメージです。カラーリングをすると確実にダメージが発生するのは嘘ではありません。ですがカラーリングのお薬が原因でハゲてしまうというのは考えにくいです。それよりも、髪の毛は年齢を重ねる事によって、毛量が少なくなったり、髪のが細くなったりしてしまうものなのです。


・髪の毛のトラブル、髪が細くなるその原因は何!?

・髪が細くなるその原因は2つあります。加齢によるホルモンバランスが崩れる事、もう一つは悪い生活習慣です。男性ホルモンは薄毛の原因と言われています。悪玉となった男性ホルモンは薄毛を進行させる主な原因です。女性の薄毛の場合は女性ホルモンの減少によるものがあります。男性の場合はホルモンの変化と遺伝によるヘアサイクルの乱れが原因となり、髪が生えきるまえに抜け毛を繰り返すのが特徴です。生活習慣の悪化で起こる事は、血行不良が原因で髪を作り出す細胞に栄養が行き届かなくなり細い髪が生えてきてしまうのが原因となっています。


・加齢によるホルモンバランスの乱れ

・女性の薄毛の原因は、加齢による女性ホルモンのエストロゲンが減少する事で起こります。エストロゲンは、毛髪を育てたり、維持する働きがあるのでこれらが減少すると毛髪が維持できなくなり抜け毛がおこります。この女性ホルモンのエストロゲンは30代から減少し始めて40代から急激に減少しはじめます。また、栄養バランスの乱れ、睡眠不足、ストレス、過度なダイエット、紫外線や外出時の日焼けなどの環境によるダメージも薄毛や髪が細くなってしまう原因になっています。

・環境によるダメージ原因

・環境によるダメージも毛が細くなる原因になっています。紫外線は大量に浴びると、髪を作っているタンパク質が変形してキューティクルが剥がれやすくなり髪が傷みます。その髪が傷む事により髪が細くなっていく原因になっています。


結論  ヘアカラーが原因で髪の毛が薄くなったり、髪の毛が細くなる事はなく、ヘアカラーが及ぼすものは薬剤による髪の傷みである。薄毛の原因は加齢によるホルモンバランスが主な原因となる。



スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

    小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

  • 2017年代秋冬オススメショート5選

    2017年代秋冬オススメショート5選

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

  • ブリーチなし!新色で外国人のような自然な透明感のあるグレージュカラー

    ブリーチなし!新色で外国人のような自然な透明感のあるグレージュカラー

  • 黒髪にしたい!いま流行りの黒髪について

    黒髪にしたい!いま流行りの黒髪について

新着ヘアスタイル

カテゴリー


美容院専用ホームページサービス