ホーム>ヘアカラー>カラーをすると髪にダメージはでますか?老後に髪が細くなるのは避けたいです。

カラーをすると髪にダメージはでますか?老後に髪が細くなるのは避けたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
カラーをすると髪にダメージはでますか?老後に髪が細くなるのは避けたいです。


カラーをすると髪にダメージはありますか?老後に髪が細くなるのは避けたいです。

Qカラーってするとダメージになるんですか?老後に髪が細くなるのは避けたいんですがどうなのでしょうか?


Aカラーをすると髪にダーメジがあるのは本当です

皆様ご存知のようにカラーは髪に負担をかけダメージとなります。カラーリングは簡単に説明するとは髪に科学反応を起こす事になりますので髪のPHを激しく動かします。その際に髪に負担が大きくかかりダメージにつなるわけなのです。



ダメージが進むとどうなるか

ダメージを出さずにまずなぜダメージにつながるのかというと、カラーは髪のキューティクルを一度開き髪に染料を入れていくのですが、その行程を何度も何度も繰り返す事によってキューティクルの強度は落ちもろくなってはがれていってしまいます。染料を髪の内部に浸透させたらキューティクルを閉じていくのですがこちらも何度も繰り返す事によってその力も弱くなっていき開きっぱなし状態とになるわけです。そのためせっかく入れたカラー剤の染料はもちろん内部に詰まっていた多くの栄養分も一緒にながれでてしまうため、色もすぐに抜け落ちてしまい髪もパサ付きがちになりすかすかの状態の髪はどんどん細毛になってしまうわけなんですね。

ダメージを抑えるためには出来るケアや方法

上記で説明したようにダメージはキューティクルが開いている限り進行していきます。なので開いたキューティクルを元の位置に戻していく必要があります。自身の髪の状態をしっかりと把握し自分にあったトリートメントを美容師さんに選んでもらい美容室での集中トリートメントを行い栄養分を補給しながらっキューティクルを整ていきましょう。そして自宅でも髪の状態を改善してくれる効果の高いケア剤を使用していき毎日のケアをしっかりと行いダメージの進行を抑えていきましょう。

髪が細くなるのを避けるには

カラーによって髪が細くなるのを避けたい場合は過度のカラーリングを避ける事が一番シンプルに重要になってきます。頻繁なカラーはキューティクルの再生も追いつかずダメージの進行を早めるにすぎません。よって髪が細くするスピードも当然速くなる一方なので老後というより年齢関係なく髪はどんどん細くなっていってしまいます。もちろん頭皮にも負担となりますので抜け毛にもつながっていきます。1本1本の髪の毛がほそくなるなるプラス髪の本数も減ってしまいますので髪のボリュームは確実になくなっていきトップの毛はぺたんとしなることにつながっていきます。よって希望のヘアスタイルにも出来なくなってしまう恐れにつながって来ますのでカラーリングは定期的な周期で行っていきましょう。




スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

    丸顔でも必ず似合うかわいい髪型

  • 面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

    面長さんに似合うヘアスタイルや髪型

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

    小顔に見える髪型ヘアスタイルショートからロングまで 

  • 2017年代秋冬オススメショート5選

    2017年代秋冬オススメショート5選

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス