ホーム>ヘアカラー>透明感のあるヘアカラーにしたいならグレーアッシュで決まり!

透明感のあるヘアカラーにしたいならグレーアッシュで決まり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
透明感のあるヘアカラーにしたいならグレーアッシュで決まり!

この記事を読むのに必要な時間は約3分です。

今まで色んな美容室に行ってみたけど中々綺麗なアッシュにならなかった、アッシュにしてもすぐに色落ちして黄色っぽくなってしまう、そんな方の悩みを解決するためにプロのカラーリストが綺麗なアッシュを作る方法を教えます。

今シーズン大人気のグレーアッシュは日本人の肌色に映えやすいカラーです。そして、甘めでもモードでも楽しめるのでグレーアッシュにするだけで一気にトレンド感のあるオシャレさんになれちゃいますよ。



グレーアッシュで透明感を出すには?

グレーアッシュで透明感を出す方法はいくつかありますが、今回はカラーリストがおすすめのグレーアッシュで透明感を出す方法を紹介していきます。


グレーアッシュは組み合わせは全部で3パターン

これから3パターンのグレーアッシュの組み合わせを紹介していきます。

暗めでも綺麗なグレーアッシュ

ブリーチなしの暗めなグレーアッシュです。太陽光でもこんなに透明感がでます。光に当てるとグレーのくすんだ色味とアッシュの透明感が混ざり合った綺麗な色味がでています。ブリーチなしでもここまでグレーアッシュの透明感が出せます。


グレーアッシュ×ハイライト

グレーアッシュにハイライトをプラスさせることにより透明感が出ます。ハイライトを入れることによって動きが出るので立体感が生まれます。より透明感と動きを出したいならさらに細かくハイライトを入れてあげるのがおすすめです。


グレーアッシュ×ブリーチ

ブリーチをしてからグレーアッシュをいれると更にしっかりとグレーアッシュのくすんだ色味がでて抜群の透明感を出す事ができます。憧れの外国人風を手に入れる事ができますよ。




グレーアッシュの色落ちはどのくらい?

グレーアッシュの色落ちの期間や色落ちの色味はベースの色味によって異なります。今回はブリーチなしのグレーアッシュとハイライトを入れたグレーアッシュ、ブリーチありのグレーアッシュの色落ちについて紹介します。


暗めのグレーアッシュ


ブリーチなしのグレーアッシュの場合、約2週間ほどで色が抜け始めます。もし、色が抜け始めて赤味や黄色味が気になった場合はもう一度グレーアッシュで色を入れます。ブリーチを使って赤味や黄色みを消すのではなくカラー剤で赤味や黄色味の補色となる色を使って打ち消していくので色を定着させるためには3回は同じグレーアッシュの色でカラーしていただく事をオススメします。


グレーアッシュにハイライトが入っている場合

ハイライトが入ってない部分に比べるとハイライトを入れた部分の方が色落ちは早くなってしまいます。ですがグレーアッシュはハイライトの色が抜けてきても黄色っぽくならないので綺麗なまま色落ちを楽しむことができます。


グレーアッシュにブリーチを何度かした場合

ブリーチを何度かしているとどうしても色落ちは早くなってしまいます。早い人だと1週間ぐらいで抜け始める人もいると思いますが、グレーアッシュなら黄色味を抑えてくれるので色落ちも綺麗です。ほんの気持ち、濃く暗めに色を入れてあげると色持ちが良く色落ちも楽しめます。


グレーアッシュに関連する記事


グレーアッシュは今年1番自分に似合うヘアカラー


Airi

Airi

Written by:

お客様を第一に考えた空間を作ります!

リラックスできるよう丁寧にカウンセリングからお見送りまでやらせていただきますのでお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Airiは、こんな記事も書いています。

  • ニュアンスヘアカラーでオシャレ女子がやりたいトレンドカラーはこれだ!

    ニュアンスヘアカラーでオシャレ女子がやりたいトレンドカラーはこれだ!

  • いつもの髪型に飽きたらふんわりパーマがおすすめ

    いつもの髪型に飽きたらふんわりパーマがおすすめ

  • クセ毛でも出来る人気のショートヘアカタログ

    クセ毛でも出来る人気のショートヘアカタログ

  • エラ張り顔は髪型次第!オススメの髪型25選

    エラ張り顔は髪型次第!オススメの髪型25選

  • デジタルパーマで失敗しない方法を現役美容師が伝授します

    デジタルパーマで失敗しない方法を現役美容師が伝授します

  • 縮毛矯正プロが教えるこれだけは施述の前に知っておくべき大切なこと

    縮毛矯正プロが教えるこれだけは施述の前に知っておくべき大切なこと

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー