ホーム>ヘアカラー>アッシュカラーってどんな色?アッシュカラーの種類

アッシュカラーってどんな色?アッシュカラーの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
アッシュカラーってどんな色?アッシュカラーの種類

カラーリングでここ数年は【アッシュカラー】が流行っていますよね。赤身がでず透明感がありどんな人でも似合いやすい綺麗なカラーです。しかし、いまいち【アッシュカラー】がどんな色か分からない方も多いのではないでしょうか?それもそのはずです。アッシュといってもアッシュのカラー剤を単品で使う場合もあれば他の色と組み合わせて使う場合があります。私の場合はさらに色味の深みや透明感をだすために他の色身も混ぜて使う場合が多いです。基本的にお客様のお顔や洋服の雰囲気などに合わせてそれぞれ配合を変えたりもします。また、明るさによってもアッシュの見え方も変わるので【アッシュ】と言っても幅がとても広いのです。そんなアッシュはどんな色があるのか疑問に思っている方に今回は様々なアッシュカラーのご紹介をしていきたいと思います。

ヘアカラーアッシュってどんな色?

アッシュカラー

アッシュカラーは意外とお客様には知らないという方のほうが多い色でもあります。アッシュカラーと言われても少しイメージしにくいですよね。シークレットでは人気ランキングのトップに入る王道の髪色です。

四季やトレンドによって様々なアッシュカラーにすることができます。春や夏に入るとおすすめのヘアカラーは、ラベンダーアッシュやアッシュグレーです。秋から冬にかけてすこし肌寒くなると増えるオーダーはピンクアッシュやバイオレットアッシュ、アッシュベージュが人気のヘアカラーです。どのヘアカラーにもアッシュの色が混ざっています。

アッシュ系の髪色にして『なんかこのカラーいやだ…』なんて思う人はいない誰でも似合うことのできるカラーだからです。


アッシュカラーは灰色


アッシュはグレー(灰色)と思いやすいのですが、ヘアカラーにもグレーという色はあります。色は無彩色ですが、グレーは茶色に見えます。アッシュは、ヘアカラーをしたあとの仕上がりの髪色をグレーっぽい色にするためのカラーです。

髪の毛に染めた時の色は青系や青紫系の寒色系の色がベースになります。

アッシュにしてグレーに見せるには青系や青紫系なのか気になりますよね。黒髪をブリーチしていくと赤からオレンジに明るくなります。最後まで髪の毛に残る色は黄色です。髪に残る色を計算してグレーの色味を作っています。髪の毛に残っている色を打ち消すことを色を補うと書いて補色といいます。

アッシュは寒色系です。ヘアカラーの色味を決めるときは、寒色と暖色どちらをするかを決めて、どのくらいの明るさや暗さにするかを決めると自分のイメージしたいヘアカラーになります。

美容院で失敗するパターンは、ヘアカラーをすると赤味が強く出たり、補色を入れても赤味が残る人が多いので自分の希望するヘアカラーになったという人は少ないと思います。


髪の色が暖色系の赤やオレンジやピンクが好きではない人はヘアカラーのアッシュです。

赤みを抑えるために実はマットという緑を使う人もいますが緑色は青が少ないためコケや藻のようなくすみ過ぎたり緑が強くですぎたりしてします。シークレットのカラーのように赤味を打ち消せない人はまずはカウンセリングの時に相談してみてください。必ず解決できます。


アッシュカラーのメリットとは?


まず日本人は赤身を持った黒髪です。色のトーンが低ければ落ちたときに赤みを帯び、トーンが明るければオレンジっぽくなります。そんな赤やオレンジになりたくない方にぴったりなのがアッシュカラーです。赤系と反対色なので赤身を打ち消し、透明感のある綺麗な色になります。【外国人風カラー】という言葉が流行っていますがこの外国人はもともと赤身がないブロンドヘアーなのでアッシュカラーは外国人風カラーにぴったりなのです。

それでは様々なアッシュカラーのご紹介をして参ります。


グレーアッシュカラー


ベースの髪が10トーン以上ある方、もしくはベースの髪を10トーン以上明るくした上にアッシュやグレーなどの色味を混ぜて作ります。ここまで透明感のある綺麗なアッシュカラーはベースの明るさが必要となります。


アッシュバイオレットカラー

こちらも9トーン以上のベースの明るさが必要ですか、アッシュベースにバイオレットを混ぜる事により黄色味を打ち消し、ツヤのあるアッシュカラーになります。


ピンクアッシュカラー

こちらは11トーンほどの明るさのカラーです。アッシュベースにピンクを混ぜることにより柔らかい印象になります。


グレーアッシュカラー


先程もグレーアッシュを紹介しましたがこちらは6トーンのグレーアッシュです。ベースが明るくなくてもできる綺麗なアッシュカラーになります。


アッシュブラックカラー


こちらは黒髪に近いアッシュカラーです。黒染めをしてしまうと透明感がなくなってしまうので濃いアッシュと濃いグレーを混ぜることにより透明感のある黒髪になります。このくらい暗いアッシュカラーも最近人気です。


さらに外国人風カラーにするにはブリーチが必要になりますが、ブリーチなしでも綺麗なアッシュカラーは十分に出来ます。いろいろなアッシュカラーにしてみてアッシュカラーを楽しんでみて下さい。自分に合ったアッシュカラーが分からない方はぜひ一度ご相談くださいね。

2017-12-28 988

カラー

小東 ありさ

小東 ありさ

Written by:

趣味は 食べ歩き.旅行.映画.料理.
20歳まで地元熊本で過ごし、就職で東京に出てきました。
青山のサロンの経験を経てsecretに入社しました。
幼い頃からくせ毛に悩み誰よりも髪の悩みが分かると自負しております。なので施術もまっすぐなりすぎない自然に毛先が丸くなるストーレートパーマを得意としてます。


趣味は海外旅行と、食べ歩きです。海外はアジア、ヨーロッパ、アメリカなど幅広く行っています。海の綺麗な所に行くとスキューバーダイビングもします!
食べ歩きは東京各所美味しい物を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

小東 ありさは、こんな記事も書いています。

  • 丸顔女性に似合う髪型とは?おすすめの髪型特集

    丸顔女性に似合う髪型とは?おすすめの髪型特集

  • ロブの髪型とはどんな髪型?おすすめの可愛いロブ特集

    ロブの髪型とはどんな髪型?おすすめの可愛いロブ特集

  • 若く見える髪型とは?老け顔女性におすすめの髪型特集!

    若く見える髪型とは?老け顔女性におすすめの髪型特集!

  • 面長女性にはパーマがおすすめ!気になる骨格をカバーできる髪型特集!

    面長女性にはパーマがおすすめ!気になる骨格をカバーできる髪型特集!

  • ボブ×パーマは可愛い

    ボブ×パーマは可愛い

  • グレージュにするにはハイライトがいい!傷めずに綺麗なグレージュにする方法とは?

    グレージュにするにはハイライトがいい!傷めずに綺麗なグレージュにする方法とは?

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス