ホーム>ヘアカラー>[2018冬]ブリーチなしでできる黒髪カラー

[2018冬]ブリーチなしでできる黒髪カラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
[2018冬]ブリーチなしでできる黒髪カラー

インスタからDMを下さった方からの質問の内容を記事にしたいと思います。最近このような質問をDMで頂く事が多くもしかしたら僕のブログを見てくださる方も、ほんとは染めたくてもできないから我慢してる方もいるかもしれないという思いで答えたいと思います。もちろん、一人一人のアンダーカラーやベースの色でも変化するので誰でもできるわけではありません。また過去の髪の毛の履歴によって変化しますのでこのことを踏まえてですが見ていただければ幸いです。

ハイライト外国人風黒髪カラーとは?


参照 : 外国人風カラーの作り方 ハイライトデザイン


黒髪にハイライトを入れると立体的な髪型になる!

黒髪にハイライトを入れるメリットとは会社務めの方で髪を明るくできない方におすすめです。黒髪にハイライトを入れると髪の毛に動きが出せます。また、黒髪はいや!という方でもダークブラウンになり真っ黒にしないでも動きのある立体的な髪型になるのです。とくに社内の決まりで8.7トーンレベルぐらいまでが定めかと思います。

よく世の中の美容師ブログの中ではブリーチなしでできる外国人風グレージユカラーや、働いてるかたでもできるグレージュカラーなどの記事が多いですよね?

黒髪にハイライトを入れるデメリットとは



ハイライトを入れたお客様のスタイル

色味が定められてる方ですが7トーンをベースです。ブリーチハイライトをいれて上からアッシュブラウン単品で染めると赤みをナチュラルに消して、ブリーチしてハイライトをいれたところには黄色味がなくなるので働いてるかたでも充分にできるスタイルになります。


こちらのお客様はアルバイトで9トーンまでという定めがある方。細かめなブリーチハイライトを表面に入れた後に上からショコラブラウンとシナモンベージュを配合した薬を載せてこの仕上がりになります。


こちらのスタイルも7トーンで作ったスタイル。アッシュブラウンとシナモンブラウンを配合した薬を作りワンメイクカラーです。如何でしたでしょうか??働いてるかたでも出来るトレンドカラーはたくさんあります。

私、働いてるから外国人風カラーはできない!!なんて思わずに挑戦しましょう!

必ずブリーチをすればいいなんてこともないですし、外国人風=グレージュではないです。

スタッフブログ

スタッフブログ

Written by:

シークレットブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スタッフブログは、こんな記事も書いています。

  • スタイルもイメージもあまり決めずに伺ってしまいました

    スタイルもイメージもあまり決めずに伺ってしまいました

  • 硬くて多くて乾燥しやすい髪質でも自分が変わっていくのが分かる

    硬くて多くて乾燥しやすい髪質でも自分が変わっていくのが分かる

  • 私の髪の毛はブリーチ毛にハイライトをいれてもパーマはできる

    私の髪の毛はブリーチ毛にハイライトをいれてもパーマはできる

  • ヘアカラーの色落ちしない秘密プロが教える6つの裏技

    ヘアカラーの色落ちしない秘密プロが教える6つの裏技

  • グラデーションカラーのやり方とショートからロングまで

    グラデーションカラーのやり方とショートからロングまで

  • 似合う前髪の種類と特徴のまとめ

    似合う前髪の種類と特徴のまとめ

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事