ホーム>ヘアカラー>ブリーチなしで透明感のある外国人風カラーに。

ブリーチなしで透明感のある外国人風カラーに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブリーチなしで透明感のある外国人風カラーに。

この記事を読むのに必要な時間は約2分です。

外国人風カラーはブリーチして赤みを消した透明感のあるカラーですごくキレイで今でも大人気のカラーです。

ただブリーチをするとかなりのダメージになってしまいます。そしてパーマやストレート、縮毛矯正をしている髪には施術はあまりできずまたブリーチしてからパーマ、ストレートパーマ、縮毛矯正などもできなくなってしまいます。

そこで今回はブリーチなしでできる暗め外国人風グレーアッシュ系カラーを実際のお客様にやらせていただいたので紹介したいと思います。

【ブリーチ無しで外国人風暗めグレーアッシュカラー】

・今回のお客様のオーダー

こちらの写真のお客様のオーダーは明るさはそんなに暗くせず赤みを消してグレーっぽい外国人風カラーにしたいということでした。

ということで今回は赤みを消すためにマット系のカラーとグレーの色味を出すためにグレーアッシュ系カラーを使いカラーリングしました。

そしてブリーチを使っていないためダメージは普通のカラー剤と同じくらいのダメージ量です。なのでバサバサにはならず写真の様なツヤ感やわらかさが出ます。キレイに赤みが消えて色味を濃く入れるために少しだけ暗めにカラーすることでより透明感のあるキレイな外国人風カラーにブリーチをしなくてもできます。

明るさのレベルを落としてトレンドのダークトーンの外国人風カラーに

外国人の様な明るさやハイトーンのカラーリングは基本的にブリーチを使って黒い色素を壊してから色味をカラーリングします。そうすると色はキレイに出ますがダメージも加わります。そことでオススメなのが日本人の黒髪とも相性のいい明るさのレベルを暗くしたダークトーンカラーです。ダークトーンカラーの場合基本的にブリーチは使わずにキレイな透明感のあるカラーができるのでオススメです。ただ明るさはどうしても暗くなってしまうので明るいカラーが好きという方には好まれません。ただ今のトレンドが暗めのカラーリングなのでトレンドに敏感なおしゃれ女子や働いている大人女子の皆さんにはかなりオススメできます。ダメージも少なくキレイな髪の状態でキレイなカラーができるので周りからの印象もかなりいいと思います。

会社で明るさのレベルに制限がある人やダメージが気になる人、パーマなど他の施述もする人はダークトーンカラーがきれいでおしゃれな髪型なのでぜひチャレンジしてみてください。


ブリーチなしで赤味を消す方法

日本人ならではの悩み、髪の赤味についてです。日本人の髪はメラニン色素が濃い為、赤味が出やすいです。そんな時に大活躍してくれる奴がいます。そいつの名前は『マット』そう!緑です。赤味を打ち消してくれるので、日本人特有の赤味が出にくくなります。
ブリーチなしでもここまで赤味は消せますよ?そしてマットで染めるとくすみ感もプラスされるので、透明感のある髪色になれます。そんな抜け感のある髪色を活かすようにスタイリングしてみました。

HIroka

HIroka

Written by:

新規指名NO1美容師になりましたw指名予約でどうぞ♪

【価格】ではなく、お家に帰って鏡を見るたびに気分が良くなるような【技術】と早く美容室に行きたい!と思ってもらえるような居心地の良い空間作り等、美容室としての【価値】でお客様に喜んでいただけるような美容師でありたいと思っています!

大切な髪の毛を一生任せたい。髪の毛もキレイにしたいけどひろかと話しに行こうかな!と言ってもらえるような関係になれると嬉しいです♪

あなたの毎日にキラキラ☆の魔法を。。。

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HIrokaは、こんな記事も書いています。

  • ミディアム×カラーリング、今一番人気のトレンドカラー

    ミディアム×カラーリング、今一番人気のトレンドカラー

  • アラフォーにおすすめの髪型ー5歳の若返るには?

    アラフォーにおすすめの髪型ー5歳の若返るには?

  • 小顔で痩せて見えるミディアムの髪型

    小顔で痩せて見えるミディアムの髪型

  • 黒髪でだってこんなにかわいいんです

    黒髪でだってこんなにかわいいんです

  • バッサリショート失敗しない方法とは?

    バッサリショート失敗しない方法とは?

  • 伸ばしかけだから可愛い今しかできないプロがお勧めするショートからロングまでのヘアスタイル

    伸ばしかけだから可愛い今しかできないプロがお勧めするショートからロングまでのヘアスタイル

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー