ホーム>ヘアカラー>プロの美容師が教える白髪染めについて

プロの美容師が教える白髪染めについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
プロの美容師が教える白髪染めについて

表参道の美容師が伝える白髪の真実

現在、白髪の原因は解明されていません。
白髪は、周りの友人や知人には相談しにくいお悩みの症状の一つです。
サロンの中でも白髪に悩むお客様が多く白髪の対策や防止改善方法をご提案しています。白髪があると『老けて見られやすい』『苦労しているように見える』『染めて髪が傷む』『頭皮がかぶれる』『気に入ったヘアスタイルができない』など、Secretでは白髪に対するお悩みが尽きません。
白髪の原因は、いくつか解明されつつあります。プロの美容師がお伝えする、白髪の改善方法や白髪になったときの対策をご提案していきます。


白髪染めについてのQ&A


白髪染めとおしゃれ染めの違いとは?

Q:白髪染めとおしゃれ染めの違いとはなんですか?白髪染めでないと白髪は染まらないのでしょうか?


A:白髪染めとおしゃれ染めの差はカラーリング剤の染料の濃度の違いがあります。そのためおしゃれ染めだと白髪が染まりきらない場合があります。


白髪染めとおしゃれ染めの染料の濃度の違いとは?

白髪染めとおしゃれ染めは、髪の毛を染める点では一緒ですが 色素のない白い毛を染めるのか、色素のある黒い毛を染めるのかで薬剤の中身が全然違います。 ・色素のない白髪を染める場合、一番重要なのはしっかりと白い毛を染めることのなので染料(色味)です。色素のない白髪に色をしっかりいれれるだけの濃い染料が必要となってきます。 ・普通のおしゃれ染めは、色素のある毛色味をいれたいため、髪の毛を一度ブリーチ(脱色)してから色素をいれる必要があります。そのため染料は白髪染めに比べて薄くなっています。 ここでいう染料とは、ブラウンを指します。カラー剤に含まれるブラウン量が白髪染めとおしゃれ染めだと違うのです。


白髪染めはいつから必要?

一体いつからおしゃれ染めから白髪染めにチェンジするのがおすすめかというと、白髪の本数が多くなってきて気になりだしたら変えるべきなのですが、目安としてもらいたいのは白髪が全体に対して10%以上の割合になってきたら白髪染めに変更するのがおすすめです。 なぜなら、 白髪の全体に対する%が少ないうちは、おしゃれ染めでも、白髪に染料が薄く入ることで、全体となじみ白髪がボケるため目立たなくなります。ですが、それが全体の10%を超えてくると、普通のおしゃれ染めで染めても白髪がうっすらとしか染料が入っていないため、他の髪の毛になじまずに白髪が浮いて見えてしまうのです。 浮いた白髪が根元より伸びて中間まで伸びてきてしまうとなかなか完全に白髪を染めることが難しくなってしまうため、定期的に根元に白髪があるうちにカラーリングをして綺麗なヘアスタイルを保ちましょう。


アッシュ系のカラーは傷みやすいというのは本当でしょうか?白髪の染め方は??


Q 初めてカラーしようと思ってるのですがうっすら白髪がでできてしまいました、、グレーっぽいアッシュ系の色にしたいのですが、普通のカラー剤を使えばいいのか、白髪染めで染めれば良いのかわかりません!またアッシュ系のカラーリングは傷みやすいというのは本当でしょうか??


A 決してアッシュだから傷みやすいダメージのレベルに色味は関係ありません。

関係があるのはどれだけ髪を明るくするのかです。明るくすればするほど髪へのダメージ、負担が大きくなってしまいます!


アッシュだからダメージが大きくなるわけではない!


アッシュ系のカラーリングは傷みやすいというのは本当でしょうか??との質問ですがこれは違います。

カラーは何色にしたとしても、どんなカラーをしたとしても髪には確実にダメージが発生してしまいます!

カラーリングのダメージのレベルはどのぐらい髪を明るくするか?によって大きく異なります。

髪を明るくする、トーンアップするという事は、髪の中のメラニン色素やタンパク質を壊しながら明るくしていくという事です。

結論、髪を明るくすればするほどそれに比例して髪えの負担、ダメージが強くなってしまいます◎

髪のダメージを出来るだけ抑えたい方は、なるべく暗めのカラーで楽しむといいでしょう!


普通のカラー剤で大丈夫です!

うっすら白髪がでできてしまいましたとありますが、普通のカラー剤、いわいるおしゃれ染めで染めるのか、白髪染めで染めるのかのお悩みですが、この質問の答えはおしゃれ染めで大丈夫だと思われます!Secretの美容師が白髪染めを考える時は髪の毛の五分の一(15%~20%)が白髪になってきたら初めて白髪染めを使います!うっすら何本かの白髪であれば、おしゃれ染めで十分対応できると思われます◎

無理に白髪染めを使用してしまうと色素が残留してしまう可能性があるので要注意です。

白髪染めとおしゃれ染めの違いは、ブリーチ力と染料濃度の違いにあります!

染料が濃いのが白髪染めです。白髪染めでは白髪も黒髪もほぼ同じ色に染める事が出来ます。

おしゃれ染めは、染料がそこまで濃くは作られていないので、白髪はほとんど染まりません。


狙ったアッシュを再現したい時は


結論からいうとホームカラーでは難しいです。

グレーっぽいアッシュ系の色にしたいのですが、、とありますが僕達プロの美容師が市販のカラーを使っても狙った色を再現するのは難しいと思います。

「何色でもいいからカラーしたい」「なんとなく明るくなればいい」という考えでカラーしてみるのであれば市販のカラー剤を使ったセルフカラーでも問題ないですが、今回の質問のように「この色にしたい!」「やりたい色がある!」方は美容室でのカラーリングをお勧めします◎




白髪染め後のカラーは色が入りませんか?過去に白髪染めした部分だけ染まりません。


A「白髪染めを行った部分にはカラーはいりません。白髪染めは普通のカラーと違い白い髪を黒く染めるので一度染めてしまうと明るくしようと思ってもなかなか明るくなりません。 
*一部条件はあります。


そもそも白髪染めとは?

白髪染めとは、「白い髪の毛にしっかり白髪を染めるヘアカラー剤の事をいいます」
基本の染まりは、ヘアカラー剤と技術同じですが白髪が染まるカラー剤で染める事を白髪染めといいます。


通常カラーとの違いとは?

◯色素の量(白髪を染めるためしっかり染料が入っています)
◯種類(通常のカラーリングより数や明るさに限りがある時があります)
◯アルカリ剤の量(白髪に色を入れるためアルカリがはいっています)


白髪は失敗すると赤味が出やすい白髪染めもあります。また、明度が明るいカラーは、白髪に色味が入りにくく失敗すると『薄らと白髪の髪色が浮く』事があります。

つまり、『白い髪を染める行為』と『色を楽しむ行為』そもそもの役割が違う事を覚えておきましょう。


また、ダメージが多い髪には、『白髪が入り過ぎて沈む(必要以上に暗くなりすぎる)』という減少もあります。



例)
2ヶ月前に白髪染めの『ダークブラウン』でカラーリングしました。
カラーリングの色味をチェンジしたいと相談しました。
『白髪染めした後って半年ぐらいカラーリング出来ないと言われました。

『白髪染めのダークブラウン』とは??

5トーンまたは6トーンの暗さで白髪染めをしていた場合
デザイナーでも白髪染めをした所に色を入れることはできません。


注意点
◯自宅でセルフカラーした場合は染めることができません。
◯5トーン6トーンの暗さで白髪染めをしていた場合は美容師でも明るくするのが厳しい


上手いサロンを見抜く方法

◯白髪染めした部分で髪が生えてきた所が退色して白髪はきちんと染まっていて自然な明るさになる技術を持っているサロンはオススメ

最後にお悩みを解決する方法を二つご紹介

◯どうしても染めたい場合は、『脱染剤』で色味の色素を壊して髪の毛から出して色を重ねる。
メリット…希望の明るさ、色にお答えが出来る。
デメリット…脱染剤は髪へのダメージが大きい。


◯我慢する場合は年月をかけて色味を少しずつ変更していく。
メリット…髪の毛にダメージを与えないでキレイにして行く事が出来る
デメリット…希望にお答えするには時間がかかる。


メリット、デメリットを理解して施術する事を心がけましょう。また、白髪が染まるけど明るくならない真っ暗な髪の毛でお困りの方はSecretにお任せ下さい。相当、得意です。


白髪が数本生えて白髪は普通のカラーだと染まらないのか?白髪染めをする周期はどれくらいか?

Q最近白髪が数本生えてきました。白髪は普通のカラーだと染まらないのでしょうか?また、白髪染めをする周期はどれくらいがいいですか?


A普通のヘアカラーで白髪は完全には染めることはできません。ですが、白髪の割合が少ないうちは普通のヘアカラーで染めても地毛と白髪がある程度なじむのでそこまで気にならないとおもいます。周期としては目安は特にありませんが、気になったら染めに行くという形で大丈夫だとおもいます。


白髪染めと普通のカラーとの差とは

白髪染めと普通のカラーとの違いは、染料の差にあります。

普通のカラーは、一度髪の毛の色を脱色してから、そこに染料をいれて染毛するので染料が比較的薄くても染まります。

白髪染めは、髪の毛を脱色する力が弱く、その上から濃い染料をかぶせて染めていくため、染まりにくい白髪も染めることができるのです。

なので、おしゃれ染めの暗めのカラーリングも、染料が濃く作られているので白髪を染めることが可能です。


もしお家でセルフカラーをするなら

白髪って気になるから、毎月染めたいけど、そんな時間も作れない。だから家で染めている方もいると思いますが、白髪染めを毎回美容院ですることが難しいのなら美容院⇨セルフ⇨美容院の順番で交互にやってあげるとそんなに頻繁に行かなくても済みます。

白髪染めのセルフカラーのコツ

.気になる白髪の部分は、白髪が浮いてこないようにしっかりとお薬を塗布する。埋もれるくらい

.根元だけの、リタッチに専念する(毎回全体染めていると髪の毛がボロボロになってしまいます)

.気になる表面、顔まわりを一番はじめに塗る(一番しっかり染まって欲しいところから塗ると失敗が少ないです)

.根元にためたお薬をクシで毛先まで伸ばさない(クシを通すと、せっかく盛ったものがうすく伸びてしまい、白髪が染まらないということになってしまいます)

.お風呂に入りながらなど、湿度の高い場所でやらない(お薬が薄まってしまいます)

.塗り終わったらラップかシャワーキャップをかぶってお薬の浸透を高めるために温めます。)

.洗う時は、しっかりとお薬をとるために二度洗いしてください(残留を防ぐため)

以上のことを意識してやってみてくださいね^^



ですが、あくまでも自宅で白髪染めをするのは、

美容院に行くまでのつなぎと思っていただいた方が

いつまでもきれいな髪の毛でいられます。


傷んできたな、と思ったら、是非、secretのデザイナーに相談してみてください。

困った時は、自分でいじらずに、美容院にいきましょう。

それが、一番綺麗な髪の毛になれる近道ですよ。



カラーリングすると白髪になりますか?カラーが原因で白髪がふえますか?


Q最近白髪がでて本当に悩んですます。カラーリングすると白髪になりやすい事ってあるんですか?カラーが原因で白髪って増えるんですか?

A。カラーリンングをする事によってリスクを高める可能性はまったくないとは言い切れませんね。ですが主に白髪が生える原因に考えられるのは年齢を重ねるに連れて作り出されるメラニンと呼ばれる色素が減っていくため髪の毛に色素が定着しないまま成長し頭皮から白い髪が生えてくると考えられています。白髪が増える原因は一概にカラーリングではないとはおもわれます。


カラーで白髪のリスクが高まると考えられる理由

カラー剤が原因と考えられる理由であげられるのはカラー剤を頭皮につけて塗っていく点です。2剤式のカラーはメラニン色素を脱色し色素を入れていきます。このとき使われる脱色剤がリスクを伴うと考えられる原因で頭皮の毛穴にカラー剤が入ってしまい毛根に負担をかけ色素細胞を死滅させてしまったために白髪が増えてしまうと考えられます。ただ白髪の要因がすべてそうとはいえませんが、この考えからするとセルフカラーで染めた場合は、誰が染めても必ず染まるよう作られている市販のカラー剤を使用するため白髪のリスクを高める脱色剤が多く入って作られていますので頭皮への刺激は強く負担はとても大きいと考えられます。簡単の染めて実は綺麗になった髪の色でも場合によっては白髪のふえるリスクは高まるとおもわれます。Secretで行っている施術は、十分に配慮し種類が豊富なカラー剤からお客さま一人一人に合わせ調合しカラーさせていただいています。頭皮の状態も直接見る事でチェックをさせていただき痛みや匂いを最小限に抑える事出来ました。お客様の負担を最小限におさえてカラーリングさせて頂く事が自慢です。


カラーにより高まるリスクを低くするためにはどうすれば良いか

Secretではカラー剤の種類に脱色剤が入っていない刺激が全然ないカラー剤もあります。ただ、カラーの染まる力は弱いので希望の仕上がりにそう事がむずかしい可能性もありますが白髪の増えるリスクをさげるためには1番よい方法ではあるとおもいます。また、染まりもしっかりと染めたい方はカラーの回数を最小限にするのも良いと思います。過度のカラーは頭皮に多くの負担となりリスクを高める事にもつながるので最小限に抑えることによって白髪予防につながります。白髪の原因は加齢、遺伝、ストレス、生活習慣など他にも多くの要因が考えられカラーリングがどれくらい白髪の直接的要因につながるのか定かではない部分もあるのですがいろんな要因を考え改善できるところは対処していきましょう。

カラーリングすると白髪になりますか?カラーが原因で白髪がふえますか?


Q最近白髪がでて本当に悩んですます。カラーリングすると白髪になりやすい事ってあるんですか?カラーが原因で白髪って増えるんですか?

A。カラーリンングをする事によってリスクを高める可能性はまったくないとは言い切れませんね。ですが主に白髪が生える原因に考えられるのは年齢を重ねるに連れて作り出されるメラニンと呼ばれる色素が減っていくため髪の毛に色素が定着しないまま成長し頭皮から白い髪が生えてくると考えられています。白髪が増える原因は一概にカラーリングではないとはおもわれます。


カラーで白髪のリスクが高まると考えられる理由

カラー剤が原因と考えられる理由であげられるのはカラー剤を頭皮につけて塗っていく点です。2剤式のカラーはメラニン色素を脱色し色素を入れていきます。このとき使われる脱色剤がリスクを伴うと考えられる原因で頭皮の毛穴にカラー剤が入ってしまい毛根に負担をかけ色素細胞を死滅させてしまったために白髪が増えてしまうと考えられます。ただ白髪の要因がすべてそうとはいえませんが、この考えからするとセルフカラーで染めた場合は、誰が染めても必ず染まるよう作られている市販のカラー剤を使用するため白髪のリスクを高める脱色剤が多く入って作られていますので頭皮への刺激は強く負担はとても大きいと考えられます。簡単の染めて実は綺麗になった髪の色でも場合によっては白髪のふえるリスクは高まるとおもわれます。Secretで行っている施術は、十分に配慮し種類が豊富なカラー剤からお客さま一人一人に合わせ調合しカラーさせていただいています。頭皮の状態も直接見る事でチェックをさせていただき痛みや匂いを最小限に抑える事出来ました。お客様の負担を最小限におさえてカラーリングさせて頂く事が自慢です。


カラーにより高まるリスクを低くするためにはどうすれば良いか

Secretではカラー剤の種類に脱色剤が入っていない刺激が全然ないカラー剤もあります。ただ、カラーの染まる力は弱いので希望の仕上がりにそう事がむずかしい可能性もありますが白髪の増えるリスクをさげるためには1番よい方法ではあるとおもいます。また、染まりもしっかりと染めたい方はカラーの回数を最小限にするのも良いと思います。過度のカラーは頭皮に多くの負担となりリスクを高める事にもつながるので最小限に抑えることによって白髪予防につながります。白髪の原因は加齢、遺伝、ストレス、生活習慣など他にも多くの要因が考えられカラーリングがどれくらい白髪の直接的要因につながるのか定かではない部分もあるのですがいろんな要因を考え改善できるところは対処していきましょう。



白髪が生えてくるタイミングと原因とは?


Q最近白髪が増えてきましたが白髪はなぜ生えてくるのでしょうか?


A白髪が生えてくる明確な理由はまだ解明されていませんが遺伝・生活習慣などが大きく関与していることはわかっています。


誰でもいづれ向き合わなくてはならないのが「白髪」。ある日突然鏡をみると白髪が!そんなことがあった時、その白髪はなぜはえてきてしまったのか?まだまだ、わからない不明なことの多い白髪ですが、なぜ、白髪は生えてくるのか。その原因についてご紹介させていただきます。


白髪とは

白髪とは、髪の毛が作れる時に、メラニン色素が生成されずにそのまま生えてきてしまった髪の毛が白髪です。そのため、メラニン色素をつくるメラノサイト(色素細胞)が活性化することで白い髪の毛が生えてきた毛穴から、黒い髪の毛が生えてくる確率があるので、白髪は抜いてはいけないのです。

白髪の生えるタイミング

白髪が生えるタイミングとしては、お客様でも多いのが30代半ばくらいからすこーしづつ生えてくるパターンが多いです。ですが、個人差があり、10代で生えている人もいれば50代で生えていない人もいます。なぜ、ここまで個人差があるのか。その理由として考えられるのが白髪が生える原因にあります。


白髪が生える原因

・遺伝、年齢、生活習慣、ストレス、病気、過剰なダイエット

以上のことが白髪が生えてくる原因として考えられます。


・遺伝

10代などで若い白髪が生えてくるような方は遺伝による可能性が高いです。


・年齢

体の衰えともに、メラノサイトの働きが弱まり白髪が生えてくる。


・生活習慣

正しい食生活(亜鉛、銅、ミネラル)をしっかりととること。睡眠時間をしっかりととる(22時から26時の間が一番成長ホルモンが排出される)


・ストレス

ストレスは、体のいろいろな器官に影響を与え血液循環も悪くなり、毛乳頭に血液を伝って栄養が回らなくなったり、リンパの流れが悪くなり老廃物が溜まってしまいます。

・病気

突然の白髪の増加は、自己免疫疾患の可能性が高いです。

沢山の原因が考えられますが、身近な「カラーリング」にも白髪になるリスクは少なからずあるんです。


カラーで白髪のリスクが高まると考えられる理由
カラー剤が原因と考えられる理由であげられるのはカラー剤を頭皮につけて塗っていく点です。2剤式のカラーはメラニン色素を脱色し色素を入れていきます。このとき使われる脱色剤がリスクを伴うと考えられる原因で頭皮の毛穴にカラー剤が入ってしまい毛根に負担をかけ色素細胞を死滅させてしまったために白髪が増えてしまうと考えられます。ただ白髪の要因がすべてそうとはいえませんが、この考えからするとセルフカラーで染めた場合は、誰が染めても必ず染まるよう作られている市販のカラー剤を使用するため白髪のリスクを高める脱色剤が多く入って作られていますので頭皮への刺激は強く負担はとても大きいと考えられます。簡単の染めて実は綺麗になった髪の色でも場合によっては白髪のふえるリスクは高まるとおもわれます。Secretで行っている施術は、十分に配慮し種類が豊富なカラー剤からお客さま一人一人に合わせ調合しカラーさせていただいています。頭皮の状態も直接見る事でチェックをさせていただき痛みや匂いを最小限に抑える事出来ました。お客様の負担を最小限におさえてカラーリングさせて頂く事が自慢です。


カラーにより高まるリスクを低くするためにはどうすれば良いか
Secretではカラー剤の種類に脱色剤が入っていない刺激が全然ないカラー剤もあります。ただ、カラーの染まる力は弱いので希望の仕上がりにそう事がむずかしい可能性もありますが白髪の増えるリスクをさげるためには1番よい方法ではあるとおもいます。また、染まりもしっかりと染めたい方はカラーの回数を最小限にするのも良いと思います。過度のカラーは頭皮に多くの負担となりリスクを高める事にもつながるので最小限に抑えることによって白髪予防につながります。白髪の原因は加齢、遺伝、ストレス、生活習慣など他にも多くの要因が考えられカラーリングがどれくらい白髪の直接的要因につながるのか定かではない部分もあるのですがいろんな要因を考え改善できるところは対処していきましょう。


スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • [顔型別]前髪カットでかわいくなれる!前髪の悩みもすべて解決

    [顔型別]前髪カットでかわいくなれる!前髪の悩みもすべて解決

  • 面長さんに知ってほしい!ショートからロングの髪型

    面長さんに知ってほしい!ショートからロングの髪型

  • [骨格診断]たまご顔

    [骨格診断]たまご顔

  • 変えるのは前髪だけ!今日からあなたも理想の小顔美人【丸顔さん編】

    変えるのは前髪だけ!今日からあなたも理想の小顔美人【丸顔さん編】

  • 2017秋冬流行りのヘアカラー

    2017秋冬流行りのヘアカラー

  • 簡単にできるミディアムロングヘアアレンジ

    簡単にできるミディアムロングヘアアレンジ

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス