ホーム>ヘアカラー>ハイライトカラーで失敗しない入れ方とオーダー方法とヘアカタログを有名美容師が徹底解説

ハイライトカラーで失敗しない入れ方とオーダー方法とヘアカタログを有名美容師が徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
ハイライトカラーで失敗しない入れ方とオーダー方法とヘアカタログを有名美容師が徹底解説

単色のカラーも綺麗で好きだけど、ちょっといつもとは違った印象にしたかったり、ブリーチはしたくないけど、明るい印象にしたい方に、secretでおすすめさせていただいてるのが「ハイライトカラー」です。あまり馴染みがない方も多いと思いますが、ハイライトってとっても魅力てきなカラーリングなんです。使い方次第で髪の毛の量が多くて重たく見えたり、髪の毛がロングでのっぺりとしてみえてしまうなどのお悩みを解決できます。是非、一度secretに来てご相談ください。 お客様のライフスタイルやお悩みに合わせたカラーリングをご紹介させていただきます。

ハイライトカラーとは?

全体のベースの色(髪の毛の色)に対して、明るい色や色味の違う色を入れる事で、全体にアクセントをつけるカラーリングの方法の事です。単色のカラーリングよりも柔らかくそして動きがでやすくなるので、風になびいた時やコテで巻いた時にすごく魅力的に見えます。secretでは、大変人気のあるカラーリングです。


全体はワンメイクカラーで赤みのないマットやブルージュやグレージュなどを使用し、ブリーチを使ってホイルで所々を抜いていく作業をして作るのが外国人風ハイライトカラーになりますが、作業工程の中でハイライトをいれながらワンメイクカラーをして、作るやり方と最初にブリーチハイライトをいれて一度シャンプーをして流し上から色を被せるやり方があります。


ハイライトカラーのメリットとデメリット

ハイライトカラーのメリット

髪の毛に立体感がでるハイライトどうしても単色のカラーリングだと、立体感を出す事はできません。普段巻く方や、アレンジをする方はスタイルを華やかに、可愛く見せてくれます。
・髪の毛のダメージを最小限に抑えてくれる
もっと明るくしたいけど、髪の毛のダメージがきになるというお悩みは多いですが、ハイライトなら、毛束の一筋だけをアルミで包み込んで明るくするので全体的に傷んでしまった。みたいな印象を感じる事なく明るく見せる事ができます。

ハイライトカラーのデメリット

痛む、色抜けがはやい、保つのが大変、パーマをかけられない。パサつく、派手になる

上記のイメージなど数々ありますがブリーチハイトーンカラーはたしかにその通りです。でも、ブリーチをした方がいい方としない方がいい方と項目別に分けて解説したいと思います。


ハイライトカラーが似合う人と似合わない人

ハイライトカラーが似合う人

ブリーチってやればやるほど茶色がなくなり外国人のような髪になりますよね?でも、ブリーチも茶色と同じくブリーチをしてないときと同じように髪の毛って1ヶ月経つと黒のプリンが伸びます。そうなるとブリーチをしたときから1ヶ月経つと黒の根元と金髪で分かれて黒の部分だけが目立つようになります。最近よくあるオーダーが暗く落ち着かせたいけどまだそんな暗くしたくない。


・まだそんな暗くしたくない

・落ち着かせたいけど重くしたくない

・ただのブラウンは嫌だ

・グレージュも飽きた

・ハイライトをハッキリ出したい方

・コントラストをつけてメリハリのあるスタイルにしたい方

・明るくしたい方

・維持したいヘアカラースタイルがある場合

・茶色を削りたい方

・イメチェンしたい方


ハイライトカラーが似合わない人

パーマをかける予定がある人や過去にそしてこれから縮毛やストレートをかけたい人、痛むのが怖い方や痛み、パサつきが怖い方です。

この項目に当てはまる方はしない方が良いです。なぜならブリーチて、髪の毛の中の色素やタンパク質、栄養版などを脱色剤により髪の毛の中を壊して髪の毛の中を一度空洞にするのです。


空洞をつくると髪の毛の中はスカスカ状態によりハリコシがなくなって弾力がなくなり水分も髪の毛の中からなくなるのでよりパサつきます。などで、日々のケアが今以上に大切になりますね。


ハイライトカラーの魅力

2色だから作り出せる魅力的な色味ハイライトは細かい筋状のカラーリングをベースの髪の毛に混ぜてつくるので、全体がブラウンだとしてベージュのハイライトを入れる事で、ミルクティーのように柔らかく透明感のある印象にする事ができます。
一度やるとずっと長持ちするカラーです。一度ハイライトをいれると、次回のカラーリングからは、なにもしなくても筋状のカラーリングが残るので、一度ハイライトを入れれば数回カラーリングをしてもハイライトを楽しんで頂けます。
スタイルが重たく見えにくいカラーになります。髪の毛の量が多くて、、髪の毛の色が暗くて、、など重たく見えてしまう事で悩んでいる方もハイライトをいれれば一気に全体の印象を変えられます。重たく見せずに動きのあるスタイルにする事ができます。


ハイライトカラーの入れ方

今世間では当たり前のように浸透し爆発的に流行ってる 外国人のようなハイライトカラーについて詳しい作り方などをご紹介したいと思います。


このようにどちらの方法をとるにしても、最初に数十枚入れていきます。

外国人風ハイライトが際立つスタイルを希望される場合、上の画像のようにハイライトを入れそのままワンメイクカラーをしてシャンプー台でブリーチハイライトの部分に色をいれていきます。画像のようにハイライトが筋のように際立つスタイルになります。


ハイライトカラー事例


こちらのスタイルがハイライトを先に入れ一度シャンプーをし上から被せるやり方になります。

・明るくしたい方

・透明感や光に当たったとき筋として明るさを出したい方

こちらの暖色スタイルの方元々グラデーションカラーにしてて毛先と合わせるためにブリーチハイライトをいれ毛先との馴染みをよくするためにハイライトを馴染ませてます。


こちらのスタイルはバー人毛で一度も染めたことないお客様です。

お客様本人は、、

・明るくしたい

・透明感をだしたい

・立体的にしたい

・黄色に抜けづらくしてほしい

というオーダーでした。

最初に希望とするスタイルになるように計算されたハイライトデザインをブリーチでいれていき、時間を置いた後シャンプーしていきます。

そこから10トーンで上から被せるだけで

このようなスタイルになります。

このようなスタイルでの注意点。

このようにベースカラーを暗くしてメリハリのあるハイライトを入れる場合

ブリーチハイライトをいれてからカラーをするとブリーチハイライトをいれたところに色が入ってしまうので失敗してしまいます。

ハイライト外国人風スタイルは希望とする明るさ、デザインをよく理解してないと大変なことになってしまいますのでご注意を。


ハイライトカラーを痛めないでやる方法

題名にも書いた通り最初みたとき??、!となると思いますが今回僕がお伝えしたいのはブリーチハイトーンカラーをダメージレスで育てることをお伝えさせて頂きます。みなさんブリーチってどういうイメージがありますか?


ハイライトカラーのオーダー方法

スモーキーアッシュハイライトグレージュ

施術方法をご紹介します。このカラーはハイライトカラーを二回続けてハイライトにブリーチでいれてあとはブリーチなしで作ったスタイルです。全体ブリーチをせずにできる外国人風スタイルです。ベースカラー→10トーンハイライト→ブリーチ色落ち後→赤みのないアッシュブラウン


このように出したい明るさの部分に細かめにかつ、深めにとっていきます。そうすることでブリーチしてるところとブリーチをしてないところの比率が1:1の比率になるのでパッと見たときに明るく尚且つ透明感が出るのです。

ハイライト施術時間

ショートから胸までだと約二時間半胸下ロングだと3時間


ハイライト料金


9720〜10800円 (胸下ロング)


傷ませないでブリーチをやる方法

明るくしたから暗くしよう!と思うのが人間の心理これで色味だけで暗くしてしまうと伸びてきた黒の部分は茶色くなりブリーチしたところは彩度という色味が強く出てしまいます。これだとブリーチをしてない茶色の部分だけがブリーチしたところと比べて彩度という色味が薄くなります。


1.根元だけにブリーチを塗る

1ヶ月後また黒が伸びてきたとき前回暗くしたブリーチをしてない茶色のところが赤みが出てきて伸びてきてしまいます。三段階のムラになり、黒→赤茶→ブリーチ毛というムラになり赤茶の部分だけがブリーチをしたときにムラになってしまいます。


これだとダサいですよね?じゃあ全部ブリーチをすればいいの?!いいえ。無理にブリーチをする必要はありません。ホワイト系やシルバー系はした方がもちろんいいですが。。無理にブリーチをするより根元のブリーチリタッチだけをしてあげれば良いのです。このように伸びてきたところのみブリーチです。根元ブリーチをすると。。このようになります。。

2.全体に上からカラーを重ねる

この状態から根元はあえて暗めに毛先はナチュラルなグラデーションのワンメイクになるように明るめの薬を塗布です

そしてハイライトを大量にいれると。。。

赤みのない今流行りのシルバーグレーになります。このように一度でもブリーチをしたら定期的にリタッチがブリーチで必要になります無理に全部ブリーチする必要はありません。定期的にコツコツとベース作りをするのが素敵なハイトーンカラーを作る肝になるのです。

特に春から夏の季節が最も多くブリーチをする期間ですがこの期間のブリーチカラーって明度が高く彩度が低い明るさ重視になります。秋から冬にかけてのブリーチカラーは明度は低く、彩度が高く濃い色に支流になってきます。

ブリーチした髪の毛に一度削ったブラウンを再びブラウンをいれて暗くしてしまうとまた明るくブラウンを削るのに時間とコストがかかってしまうのでブリーチした髪の毛の方で暗くする際はしっかりカウンセリングをして決めていくのが良いです。

季節問わずブリーチカラーは人気なのでブリーチでお困りの方は是非お任せください。


外国人風ハイライトカラー人気の髪色

外国人ぽさを感じる色彩デザインコントロールをしていけば十二分に楽しめるようになりますよ♪外国人ぽさを感じる最近の人気オーダーについていくつか紹介します。

・マットグレージュ

・スモーキーアッシュ

・シナモンベージュ

・フォギーベージュ

・マットアッシュ

などなどございます!いくつもの色の名前を挙げさせて頂きましたが、これに共通してるのはなんでしょうか?

・赤みのない寒色カラー

です!今の時代いろんなカラー剤発売され

簡単に赤みなんて消して外国人風カラーなんて出来ますが赤みを消せるならなんでもいいというわけじゃありません。特に最近のアッシュ系のカラー剤はブルーがベースのカラー剤が多いので簡単に赤みを消した外国人デザインが出来るのですがブルーという色は肌うつりに影響するカラーになるので似合う、似合わないが結構左右されるのです。似合わなければ意味がありません。

赤みのない寒色カラーで流行りだからこそ1人1人の顧客様に似合わせてこそがカラーリストの腕ですね♪


・マットグレージュ

この時期によく街で見ますよね!これからブリーチなしでローライトだけを加えて変えますベースカラー6トーンハイライト13トーンローライト4トーントーンを3個に分けることにより3Dの立体的なデザインになるので立体感、陰影、透明感がでるのです。ブリーチしてる髪の毛からブルーベースの色を入れると間違えると緑ぽくくすんでしまうのでそこが注意点ですね。

こちらのデザインビフォーの状態から弱いブリーチと薬を塗り分けたグラデーションカラーに仕上げてます。ハイライトは18トーン根元〜中間7トーン毛先〜10トーン

ワンカラーで暗くするのではなく暗くみせつつ、明るさを見せるデザインが支流になるのでブリーチして明るく抜けてるならブリーチなしでできるデザインが多くなるのでグラデーションなどのデザインにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

元の状態が赤みが少ないので無理やり青でくすませなくても柔らかみのあるマットにグレージュを重ねて、ローライトにマットだけを加えるとこれだけ変化します。


ヘアカラーに関連する人気の記事

【2018年冬】アッシュグレーで自分に似合う髪色になれる方法


1128

HIroka

HIroka

Written by:

新規指名NO1美容師になりましたw指名予約でどうぞ♪

【価格】ではなく、お家に帰って鏡を見るたびに気分が良くなるような【技術】と早く美容室に行きたい!と思ってもらえるような居心地の良い空間作り等、美容室としての【価値】でお客様に喜んでいただけるような美容師でありたいと思っています!

大切な髪の毛を一生任せたい。髪の毛もキレイにしたいけどひろかと話しに行こうかな!と言ってもらえるような関係になれると嬉しいです♪

あなたの毎日にキラキラ☆の魔法を。。。

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

HIrokaは、こんな記事も書いています。

  • ミルクティーベージュカラーは透明感がやばい透けるヘアカタログ!

    ミルクティーベージュカラーは透明感がやばい透けるヘアカタログ!

  • プロが教える美髪ヘアーでダメージ知らずになれる髪の乾かし方

    プロが教える美髪ヘアーでダメージ知らずになれる髪の乾かし方

  • 人気の流行色アッシュってどんなカラー?

    人気の流行色アッシュってどんなカラー?

  • 顔痩せしてみえる髪型で小顔になりましょう!

    顔痩せしてみえる髪型で小顔になりましょう!

  • 縮毛矯正を失敗された!知っておきたいストレートパーマの違い

    縮毛矯正を失敗された!知っておきたいストレートパーマの違い

  • 魔法のアッシュカラー「なりたいを叶える」最新カラーの魅力とは?

    魔法のアッシュカラー「なりたいを叶える」最新カラーの魅力とは?

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス