ホーム>ヘアカラー>普通のカラー剤と白髪染めの違いについて

普通のカラー剤と白髪染めの違いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
普通のカラー剤と白髪染めの違いについて

この記事を読むのに必要な時間は約2分です。

今まで白髪はなかったのに気がついたら少し生えてきたと言う人で白髪染めをした方が良いのか今まで使ってきた普通のカラー剤で良いのか悩んでる方もいるのでは無いでしょうか?普通のカラー剤と白髪染めの違いについて書いていこうと思います。

まず普通のカラー剤の場合、黒髪の部分を明るくしてそこに色を入れるという形になります。アッシュ系のカラーにしたい、レッド系のカラーにしたい、などファッションカラーの場合様々なオーダーがありそれに対応する事が出来ます。それは先ほどの明るくするというところで使われるブリーチ剤の脱色する力です。よく聞くブリーチ剤。これは白髪染めにも普通のカラー剤にも入っています。基本的に普通のカラー剤の場合は明るく染めるという目的で作られているためこのブリーチ力が高くなっています。

白髪染めの場合、白い部分を染めるという目的で皆さんも使いますしそのために作られています。白髪というのはもともとメラニンが無いためメラニンを除去する必要が無いためブリーチ力はあまりいりません。ただ白髪の少ない人、全体的に白髪の人、白髪と黒髪が五分五分な人など白髪の割合は人様々です。それを均一に染めるためには多少のブリーチ力が必要です。そして色を入れます。

このブリーチ力と染毛力のバランスに白髪染め、ファッションカラーの違いがあります。

明るく染める為にはブリーチ力が高くて染毛力が低いカラー剤を使い、暗く染める場合はブリーチ力が低くて染毛力が高いカラー剤を使います。その為に基本的にファッションカラーは様々な明るさ、色味を出来ることになります。白髪染めの場合は明るさや色味は限られてしまいますが染毛力が染毛力が高い為に色が抜けにくく染められることになります。白髪の染めで明るめに染めてしまうと抜けやすく白髪があまり染まらず目立ってしまいます。全頭白髪だけの場合はキレイに色味が出ますがそういった人はかなり少ないです。基本的には少なからず黒髪が混ざっていると思います。その為均一に染めるには暗めのカラー剤になってしまいます。逆に白髪の無い人に白髪染めを使ってしまうと色が抜けにくいというメリットはありますが明るく出来ないというデメリットもあります。

白髪がそんなに生えてない方はファッションカラーで染めてもさほど白髪自体が目立たないです。もし気になるようなら白髪染めで暗くめにカラーリングするのもいいと思います。ムラや白髪が目立つことなくキレイにカラーリングされていることを重要視しましょう。

HIroka

HIroka

Written by:

新規指名NO1美容師になりましたw指名予約でどうぞ♪

【価格】ではなく、お家に帰って鏡を見るたびに気分が良くなるような【技術】と早く美容室に行きたい!と思ってもらえるような居心地の良い空間作り等、美容室としての【価値】でお客様に喜んでいただけるような美容師でありたいと思っています!

大切な髪の毛を一生任せたい。髪の毛もキレイにしたいけどひろかと話しに行こうかな!と言ってもらえるような関係になれると嬉しいです♪

あなたの毎日にキラキラ☆の魔法を。。。

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

HIrokaは、こんな記事も書いています。

  • ミディアム×カラーリング、今一番人気のトレンドカラー

    ミディアム×カラーリング、今一番人気のトレンドカラー

  • アラフォーにおすすめの髪型ー5歳の若返るには?

    アラフォーにおすすめの髪型ー5歳の若返るには?

  • 小顔で痩せて見えるミディアムの髪型

    小顔で痩せて見えるミディアムの髪型

  • 黒髪でだってこんなにかわいいんです

    黒髪でだってこんなにかわいいんです

  • バッサリショート失敗しない方法とは?

    バッサリショート失敗しない方法とは?

  • ボブでこんなに小顔になれちゃいます

    ボブでこんなに小顔になれちゃいます

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事