ホーム>ヘアカラー>市販のカラーとサロンカラーの違い

市販のカラーとサロンカラーの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
市販のカラーとサロンカラーの違い

最近ではコンビニやドラッグストアなど色々なところで売られているホームカラー。美容室でカラーするのと比べて格安で出来るので利用している人も多いのでは無いでしょうか?ただホームカラーの場合美容室でカラーするのとは違い様々なデメリットがあります。ホームカラーは自宅で手軽に染められるため美容師の技術料はかかりません。安くて簡単に染められます。しかしその分、人それぞれに合わせたカラーが出来ないと言うことです。

市販のカラー剤の場合その色にしたい人の履歴(過去にどんなカラーをしてるか退色した時の色味など)に関係なく同じ薬でカラーリングしていきます。そうするとやはりダメージやムラになりまなります。美容師の場合、履歴により薬や色味を髪質やダメージを見ながら変えていきお客様一人一人に合わせたカラー剤でカラーリングすることができます。そうすることで色味の幅が広がりダメージやムラが減りキレイに染めることができます。カラーは薬をただ塗れば良いという話ではなく【染まりにくい場所、染まりやすい場所、根元の地毛の部分の長さ、薬の塗布量、ダメージ、過去の履歴など】いろいろなことを考慮してカラー剤を塗っています。薬の塗布量、リタッチの長さ、染まりにくい染まり易い場所は美容師なら誰でも頭に入ってると思います。しかし大事なのはお客様の髪の毛のダメージと過去の履歴です。人には人それぞれの履歴があり髪質もダメージも違うためそれぞれに合わせた染め方をします。だからこそ希望の色に出来ます。市販のカラー剤の場合一人一人に合わせたカラーというのが出来ません。ではどうするのか?強い薬で色を抜きある程度決まった色味にしか出来ないです。そして失敗も多いです。それを治すのは容易な事ではないため美容室でキレイに染め治しすのも場合によっては何回かカラーしないと治せない事もあります。

美容室でのカラーリングの場合色味の幅が増え、塗り方の技術も様々なので確実に綺麗な仕上がりになります。ムラなく少ないダメージで染められるのも美容室でのカラーの特徴です。ハイライトやローライトを入れて髪に立体感を持たせる技術も美容師にしか出来ない技術ですね。

いつも美容室でカラーリングすしている人は担当の美容師さんもその人の事を知っているので市販のカラー剤は避けた方がよりキレイにしてもらえると思います。

それぞれメリットデメリットはあります。それをしっかり知ったうえで市販のカラー剤にするか美容室で染めるか決めるのがいいですね。


服部 隼大

服部 隼大

Written by:

傷ませない技術を常に心掛けて薬剤選定からこだわっています。一緒に美しい髪を目指しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

服部 隼大は、こんな記事も書いています。

  • イメージチェンジにオススメヘア

    イメージチェンジにオススメヘア

  • 今、パーマ×ボブが最高にかわいい

    今、パーマ×ボブが最高にかわいい

  • 2018年ショートで人気のヘアカラーとは?

    2018年ショートで人気のヘアカラーとは?

  • ストレートでもパーマでも。色々なボブヘア

    ストレートでもパーマでも。色々なボブヘア

  • 前髪なしでこんなに違う!大人っぽく上品な女性になれる前髪とは

    前髪なしでこんなに違う!大人っぽく上品な女性になれる前髪とは

  • 今、暗髪アッシュカラーがかわいい

    今、暗髪アッシュカラーがかわいい

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス