>>

白髪から逃げない。白髪染めの正しい知識とおしゃれ染め

2016/07/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
白髪から逃げない。白髪染めの正しい知識とおしゃれ染め

白髪から逃げない。白髪染めの正しい知識


白髪から逃げない。白髪染めの正しい知識


まずは白髪染めの基本から。白髪を染める仕組みや、おしゃれ染め (黒髪用ヘアカラー) との違いを分かりやすくご説明します。

意外と知らない白髪染めの基礎知識。はじめに、白髪を染める仕組みをご説明します。大事なのは各成分の働きです。

今までどおりのおしゃれ染め (黒髪用ヘアカラー) じゃ駄目かな? という方はぜひ参考にしてくださいね。



1.白髪染めを塗る前の状態

白髪染めを塗る前の状態です。キューティクルが一定方向に重なり合っています。あえて濡れた状態の髪に1剤と2剤の混合液を塗っていくことでSecretでは、ダメージを極力抑えます。



2.キューティクルを開き、染料が浸透

キューティクルを開き、染料が浸透1剤のアルカリ剤がキューティクルを開き、混合液が髪の内部まで浸透していきます。


3.染料の発色とメラニンの脱色

2剤の過酸化水素の働きにより、1剤の酸化染料同士が結合し発色します。この発色した色で白髪を染めるわけです。また、アルカリ剤と過酸化水素の働きによって髪のメラニン色素を脱色します。



4.染料の定着

染料の定着酸化染料同士が結合し発色した分子は、元の分子よりも大きくなります。これによってキューティクルのすき間から染料が出られなくなり、髪の内部に白髪染めの色が定着します。




●日本人の黒髪の太さは平均で約0.08mmと言われています。これに対して欧米人のブロンドの髪の毛は、

平均0.06mm前後だそうです。

数字で見るとわずかな違いですが、これでも髪質には違いが表れるのですよね。

頭髪の本数も、日本人の平均が約10万本なのに対して、欧米人は約14万本と差があります。

細いけど多いのは欧米人、太いけど少ないのは日本人という事が分かりましたね。

このほか、髪の中に配合する化合物は次のような特徴があります。


パラフェニレンジアミンは、一番感作(アレルギーを起こしやすくすること)作用が強く、1度感作して手荒れになると、治りにくい。

だけど、ヘアダイの重要な染料前駆体というタイプの色素で、酸化剤によって酸化されて黒く発色する性質から、

白髪染め用のへアダイの主成分とし、無くてはならない成分です。


Secretでは、肌や髪の毛に付着させる物だから、

白髪のある女性に絶対に極力負担のかかりにくい

安心や安全をご提案出来るように施術してます。

スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 面長でも似合う髪型ショートボブの似合わせの法則

    面長でも似合う髪型ショートボブの似合わせの法則

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 丸顔さんでも似合うショートボブの髪型

    丸顔さんでも似合うショートボブの髪型

  • 人気スタイルランキング 20

    人気スタイルランキング 20

  • パーマとデジタルパーマとの違いを知れば失敗しないパーマが手に入る!

    パーマとデジタルパーマとの違いを知れば失敗しないパーマが手に入る!

  • 人気ヘアスタイルランキング ロング

    人気ヘアスタイルランキング ロング

アーカイブ

前月

2017年08月

翌月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             

今月のカレンダーを表示する

カテゴリー

新着ヘアスタイル


美容院専用ホームページサービス