>>

綺麗に染まる!ブリーチをしてホワイトアッシュにする方法

2016/08/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
綺麗に染まる!ブリーチをしてホワイトアッシュにする方法


流行りのホワイトカラーをご存知ですか?カラーリングの中でも一番透明感のある真っ白なカラーリングのことです。ですが、多くのお客様が一回の来店だけで白くするものだと思っている方も多いと思いますが、実はホワイトカラーは2~3回にわけて行うカラーリングなのです。

ホワイトカラーとは


ホワイトカラーとは、名前の通り髪の毛を真っ白まで脱色した時の状態のことを言います。この白い状態に色をのせたり、そのままホワイトやシルバーにして楽しむのがホワイトカラーの魅力です。ホワイトなので透明感や透け感はトップクラスの美しさがあるのが最大の特徴です。

ホワイトカラーのやり方


ホワイトカラーをする上で必須となってくるのがブリーチです。
ブリーチって他のカラーと何が違うの?そういう方はこちらを見てみてください↓
ブリーチとカラーリングの違いについて



まずはじめに、
・ブリーチをする
⇨ブリーチで髪の毛の赤みを取っていきます。一度だと、オレンジっぽくなるのでその上から再度ブリーチを塗布することで金髪にまでもっていきます。
この状態で髪の毛の赤みを取ることができます。そして残るのが黄色味です。
・黄色味をとるためにカラー剤で補色を塗布していく
⇨いくらブリーチをしても、黄色味が完全に取れることはありません。
そこで黄色味を消すために補色のバイオレットをかぶせていきます。ブリーチをしてもオレンジっぽい色味が残るような方はアッシュを加えてあげることで補色の関係で残留している色素を打ち消していきます。
ここまでで1度目の工程が終了です。
そして一ヶ月後に来店していただいた時に全体が金髪っぽくなって退色していたら土台の完成です。
まだ、オレンジや黄色が強く残っている場合は、もう一度ブリーチをすることがあります。
この土台のできた髪の毛に無彩色のカラーのモノトーンとクリアとバイオレットを混ぜることでホワイトカラーの完成です。
ホワイトカラーは、一度の施術で無理に完成させるよりも2回~3回施術させていただいて作り上げていくととっても綺麗なホワイトアッシュにすることができます。
ブリーチも昔とは違い、髪の毛にダメージが少ないものもsecretでは取り扱っているので、極力ダメージを減らしつつブリーチカラーができるのでお気軽にご相談ください。
仕上がりのお時間としては、現在のお客様の髪の毛の状態によって変化するため、余裕をもった来店をしていただくことをおすすめしています。

スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

スペシャルコンテンツは、こんな記事も書いています。

  • 面長でも似合う髪型ショートボブの似合わせの法則

    面長でも似合う髪型ショートボブの似合わせの法則

  • 黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

    黒髪じゃなくて…今年は「暗髪カラー」が大流行!!!

  • 丸顔さんでも似合うショートボブの髪型

    丸顔さんでも似合うショートボブの髪型

  • 人気スタイルランキング 20

    人気スタイルランキング 20

  • パーマとデジタルパーマとの違いを知れば失敗しないパーマが手に入る!

    パーマとデジタルパーマとの違いを知れば失敗しないパーマが手に入る!

  • 人気ヘアスタイルランキング ロング

    人気ヘアスタイルランキング ロング

新着ヘアスタイル

カテゴリー


美容院専用ホームページサービス