ホーム>ブリーチ>ブリーチ毛、ハイトーン毛→普通のトーンに戻す

ブリーチ毛、ハイトーン毛→普通のトーンに戻す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
ブリーチ毛、ハイトーン毛→普通のトーンに戻す

世の中では暗めのトーン、通称【暗髮】が流行っていますね。そんなこともあり理由は人それぞれですが本日僕が担当させていただいたお客様の中に2人ほどトーンダウン(暗髮に)したいというお客様がいらっしゃいました。

1人目のお客様の場合

・1年くらい前に全頭ブリーチをしている根元から10㎝くらいはブリーチ毛ではない

・最近9トーンくらいの普通のブラウン系カラーをしている

・ブリーチ部分は退色し金髪になってしまっている

というお客様がいらっしゃいました。そのお客様は仕事の関係上、根元と同じ色くらいの明るさと色味にしたいとのことでした。だだ最近カラーリングをしているため根元10㎝くらいのところに合わせるという事だったので今回は根元は除いてそれ以外のブリーチ部分だけを染める形で施術を行いました。ブリーチ部分を染める場合、色味が鮮明に出るのでアッシュ系やマット系などだけで染めるとキレイに青や緑色の色味が出てしまいます。しかし今回の場合は根元のブラウンに合わせたいとの事ですので彩度の高いカラー剤ではないブラウン系のカラー剤を使用してカラーリングすることにしました。そうする事でブリーチした毛にもナチュラルなブラウンが入り根元の色味と合うという事になります。

2人目のお客様の場合

・3〜4ヶ月カラーリングしていない

・根元以外は退色してしまってオレンジっぽくなっている(12.13トーンくらい)

・希望の色は6トーンくらいの暗めのアッシュブラウン

2人目のお客様は学校の授業で実習があるため黒、若しくは暗めのカラーにしないといけないとの事でした。黒染の場合は1人目のお客様と同様根元の色に合わせて退色している部分にカラーリングをすれば大丈夫です。今回は暗めのアッシュブラウン希望なのでまずは根元の伸びてしまった地毛を6トーンくらいまで染めてから毛先の退色してしまった部分をトーンダウンする方法で染めていきます。この時に注意しなければならないのがどうしても毛先に色が入りやすいので気をつけなければいけません。

ブリーチなどのハイトーンにした髪の毛は染めても抜けやすくこまめにカラーしなければならないなど手入れがかなり大変です。一度ブリーチしてしまうと黒染めをするまたはその部分を切って無くす以外は無くなる方法は無いです。なのでメリット、デメリットを考えてブリーチをされた方がいいと思います。メンズなどのショートヘアの方は切っていればすぐに無くなりますがロングヘアの方で全頭ブリーチした場合は完全にブリーチ部分を無くすのにはかなり時間はかかります。


HIroka

HIroka

Written by:

新規指名NO1美容師になりましたw指名予約でどうぞ♪

【価格】ではなく、お家に帰って鏡を見るたびに気分が良くなるような【技術】と早く美容室に行きたい!と思ってもらえるような居心地の良い空間作り等、美容室としての【価値】でお客様に喜んでいただけるような美容師でありたいと思っています!

大切な髪の毛を一生任せたい。髪の毛もキレイにしたいけどひろかと話しに行こうかな!と言ってもらえるような関係になれると嬉しいです♪

あなたの毎日にキラキラ☆の魔法を。。。

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

HIrokaは、こんな記事も書いています。

  • イメチェンならするならバッサリショートヘア

    イメチェンならするならバッサリショートヘア

  • 伸ばしかけだから可愛い今しかできないプロがお勧めするショートからロングまでのヘアスタイル

    伸ばしかけだから可愛い今しかできないプロがお勧めするショートからロングまでのヘアスタイル

  • 【2018秋冬】グレージュカラーは暗めが一番可愛くなれる!

    【2018秋冬】グレージュカラーは暗めが一番可愛くなれる!

  • 小顔で痩せて見えるミディアムの髪型

    小顔で痩せて見えるミディアムの髪型

  • ミルクティーベージュカラーは透明感がやばい透けるヘアカタログ!

    ミルクティーベージュカラーは透明感がやばい透けるヘアカタログ!

  • プロが教える美髪ヘアーでダメージ知らずになれる髪の乾かし方

    プロが教える美髪ヘアーでダメージ知らずになれる髪の乾かし方

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事