ホーム>ブリーチ>ハイトーンカラーブリーチあり

ハイトーンカラーブリーチあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
ハイトーンカラーブリーチあり

この記事を読むのに必要な時間は約2分です。

最強寒色系ハイトーンカラー


今回は、ブリーチをしてハイトーンにしていく『ハイトーンカラーブリーチあり』の説明をしていきます。


ハイトーンカラーとは?

ブリーチをして髪の毛の中にある茶色メラニンを脱色をして色を抜いて茶色がない高彩度で高明度のヘアカラーにすることです。もちろん色が抜ければ金髪になりますが、、金髪に悩むのは初回だけです。


世間でみるブリーチのイメージとは?


ブリーチ=金髪になる

痛む=色持ち悪い


という考えが浸透していますが確かにその通りです。ただそれは固定概念です。


ハイトーンカラーは痛ませない

ハイトーンカラーは痛ませない

痛む理由は、ベーシックなやり方が原因です。今は、最新のお薬や、カラー剤の発達により、ブッリーチをしたハイトーンカラーでも極力痛みにくい施述ができます。

また色彩の法則をしればブリーチカラーをより楽しめますよ。


今回のお客様は月一でブリーチを繰り返しホワイトカラーを目指してる方でした。


仕上がりが綺麗なのは当たり前ですね。

だけど、色が抜けて過程でハッピーになる方がいいですよね?


ブリーチで黄色を限界まで抜いて

髪の毛が大丈夫なところまでが限界です。


黄色〜白まで抜いたあとにカラー

ホワイトアッシュ

アイスブルー❌ホワイトアッシュ


アッシュ系カラーは染料が濃いためトーン数(明るさ)を間違えるとかなり失敗します。


なので上記のカラーをかなり埋めて抜いたベースにカラーします♪♪


根元の方が黄色が強く出るため青白くなり

毛先にいくつれてホワイトシルバーになっていきます♪


数日後に根元付近の青は抜けます。そうすると毛先にあったホワイトになります。


ハイトーンカラーブリーチありは簡単にできますか?

ハイトーンカラーブリーチありは簡単にできますか?

ハイトーンカラーは簡単に出来るものではありません。


地道に努力をして積み重ね積み重ねて髪のコンディションと状態を育てる事が大切です。人によってはホワイトになりづらい髪質もあります。


ハイトーンカラーにするには計画的なベースつくりが命になります。


春夏秋冬とブリーチをしてカラーバリエーションを増やせば増やすほど永遠にカラーを楽しめます♪


まだまだハイトーンカラーを打ち出していくので投稿をお楽しみください


ハイトーンカラー関連記事

ブリーチありハイライトグラデーションカラー


ハイライトデザインカラーの失敗しない入れ方と注意点

田代 周

田代 周

Written by:

 

都内1店舗を経て2014年に独立。表参道に【SECRET~シークレット~】を立ち上げる。その実績が認められメディアでも幅広く活躍。スタイル掲載数は1万スタイル以上を配信。掲載数は日本一を獲得している実力派ヘアデザイナー。ヘアスタイル提案のパイオニアとして定評が高く知られ美容業界でも注目のトップクリエイターとして日々活躍中

<TV>
【NHK】
東京cawaiiTV出演

【テレビ東京】
表参道MODE出演

【TBS】
『ワンステップ』出演

【日本テレビ】
『ZERO×LOVE FOR HAITI』アーティストヘア担当
NEWS ZERO特別版

【日本テレビ】
『22時の魔女たち』ヘアメイク担当

【テレビ東京】
なないろ日和 出演

【毎日放送】
林先生の初耳学

<DVD>

PREPPY COLLEGE vol.32 出演

TOKYOHAIR&MAKECOLLECTION 出演

【LIVE DVD】
MINMI LIVE Freedom in 淡路島 出演

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

田代 周は、こんな記事も書いています。

  • ボブのパーマで失敗しないの髪型にするためには?

    ボブのパーマで失敗しないの髪型にするためには?

  • ショートボブの髪型に迷った時に解決できるヘアスタイル

    ショートボブの髪型に迷った時に解決できるヘアスタイル

  • 丸顔のショートにしても失敗しない3つのポイント

    丸顔のショートにしても失敗しない3つのポイント

  • ネットで商品の偽物を買わされた!?

    ネットで商品の偽物を買わされた!?

  • アラフォー女子の髪色は若さの秘訣をプロに美容師が教えます!

    アラフォー女子の髪色は若さの秘訣をプロに美容師が教えます!

  • トレンドの先取り!今人気のボブ・ミディアム

    トレンドの先取り!今人気のボブ・ミディアム

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事