ホーム>ブリーチ>外国人風カラーやアッシュやグレーなどをオーダーする時に注意すること

外国人風カラーやアッシュやグレーなどをオーダーする時に注意すること

2017/03/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
外国人風カラーやアッシュやグレーなどをオーダーする時に注意すること

外国人風カラーやアッシュやグレーなどをオーダーする時に注意すること

外国人風カラーやアッシュグレー、グレージュにする時の注意点をまとめてみました。ブリーチをしなくても、アッシュグレーや今流行りのグレージュなどになります。


お客様のお悩みや相談の中に良くあるお悩み


⬜︎「アッシュにしたいけどオーダー通りにならない」

⬜︎「退色した色がオレンジ色になってしまう」

⬜︎「グレージュにならなかった」
⬜︎「アッシュや灰味のグレーにならなかった」

⬜︎「透明感のあるカラーにならない」


グレージュやアッシュグレーなどのヘアカラーの条件とは

このようなヘアカラーをご希望されるお客様もすごく多いのですが、こういったヘアカラーにされる場合には条件が必要です。

1,ベースの明るさが必要

ベースの明るさが必要になります。
1度目のブリーチはこのくらい明るくなりますが、1回のブリーチでは作れない場合が多いのがポイントです。1回もカラーリングをしたことのない方やブリーチをしたことのない方はまずベースを作るところから始まります。


黒髪や黒に近い茶色やバー人毛の方は、1回のブリーチではオレンジは消えず、無理にベースが低い状態でカラーリングをすると中途半端なカラーの仕上がりになります。


2,連続2回のブリーチで作れるか

黒髪から、1回目のブリーチでできる明るさは、12レベル〜14レベルです。連続2回目のカラーリングでできる限界は16レベル〜18レベルということを覚えておくことで失敗しないと思います。つまり、連続してブリーチを2回してもアッシュグレーやグレージュは作りにくいのです。


3,アッシュグレーを作るにはブリーチは何回必要か?

答えは、『ブリーチは3回は必要です』といってもあくまでも透き通るようなグレーにしたい時のご提案です。


外国人風カラーやアッシュやグレーの究極の作り方

1、明るいベースをブリーチで作る

2、赤味や黄色味をおさえるカラーをする

3、次回の来店でさらにブリーチを入れて明るくする


4、希望するグレージュやアッシュグレーを塗布


透け感や透明感が手に入ります。
3回染める場合の注意点は料金と時間です。
(カラーは15000円~20000円です)

今回のように、ベースのコンディションをしっかりと整えてカラーリングすることが1番綺麗なカラーリングになります。無理な施術や短時間で施術は、無理に髪の毛を痛ませるだけでなく、もっと痛みが出てしまいます。ぜひ、参考にしていただければと思います。


[関連する人気の記事]ブリーチ4回目でできるカラーは?

過去に書いた記事です。ホワイトブリーチの作り方です。ここまで白くするには約4回はブリーチが必要です。1度で全ての施術をするのは難しく、何度かの来店でベースの髪を明るくしていくことが必要です。


田代 周

田代 周

Written by: 田代 周
田代 周の予約をする   田代 周のブログの一覧はこちら 都内1店舗を経て2014年に独立。表参道に【SECRET~シークレット~】を立ち上げる。その実績が認められメディアでも幅広く活躍。スタイル掲載数は1万スタイル以上を配信。掲載数は日本一を獲得している実力派ヘアデザイナー。ヘアスタイル提案のパイオニアとして定評が高く知られ美容業界でも注目のトップクリエイターとして日々活躍中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

田代 周は、こんな記事も書いています。

  • ばっさり前髪を切りましょう

    ばっさり前髪を切りましょう

  • 似合う顔型は黄金比から計算する

    似合う顔型は黄金比から計算する

  • 北海道は、寒いよ。

    北海道は、寒いよ。

  • 2ヶ月ぶりにカット勉強会スタート

    2ヶ月ぶりにカット勉強会スタート

  • 休日の過ごし方

    休日の過ごし方

  • 求人募集のおしらせ

    求人募集のおしらせ

新着ヘアスタイル

カテゴリー


美容院専用ホームページサービス